ビットコインが盗難に!?

ビットコインが盗難に!?

ビットコインが盗難に!?

ビットコインの盗難、あなたは他人事だと思っていませんか?

取引所での口座開設の数も日本の取引所も増え、実店舗でも利用可能店舗が増えて身近になってきています。ビットコインを持っている人が増えてきましたが、その裏ではビットコインの盗難被害も増えています。盗難が取引所だけでなく、なんと個人にも及んでいるのです。取引所に預けっぱなしにしていたビットコインやアルトコインが勝手に送金されてなくなっていた。不正ログインされて、全部消えていたということが実際に起こっています。

ビットコインの高騰で個人アカウントも狙われている

Ledger Nano S 購入

2017年に入ってからビットコインは10万円台から一時200万円台と大きく値上がりしました。今までは取引所のようなたくさんビットコインが集まっているところを狙っていたハッカーも今は個人も狙うようになっています。個人情報の流出でフリーメールアドレスのアカウントやパスワードが盗まれた結果、そのデータを利用して不正ログインを行い、ビットコイン等を送金する手口が流行っているのです。

ビットコイン取引所のセキュリティは信用できない

ビットコインの取引所のセキュリティは、万全を期しているとはいわれていますが、あまり信用できません。最終的にはビットコインも他の仮想通貨も自己管理が求められます。実際に日本の取引所でもハッカーによる不正送金でビットコインの盗難に合った人がいます。海外の取引所でも何十億という単位でビットコインがハッカーに盗まれる被害にあっています。もちろん海外の取引所で不正送金の被害にあってもなんの保証も受けることができません。日本の取引所も万が一のビットコインの盗難に合った場合、ほとんど補償してくれません。(詳しくは⇒ビットコインの取引所が安全でない理由

盗難に合った人のブログを読むと、やはり盗まれたビットコインは2度と戻ってこず、泣き寝入りしている人がほとんどです。

ビットコインはアプリや取引所に置いておくのはNG

アプリよりハードウェアウォレットが安全

2段階認証をしていても、アカウントにログインされたという人もいます。ビットコインの盗難対策としては他で使用しているメールアドレスとパスワードの組み合わせを取引所に使わないことや、やはり取引所やネット上で使用できるホットウォレットにはビットコインを放置しないということが大事です。(※ホットウォレットとはスマホアプリなどに入れて使うことができるネット上のウォレットのこと。Copay、JAXX、コインチェック、ビットフライヤーなどの取引所のスマホアプリもホットウォレットです。)ちなみに盗まれる傾向にあるのが、Gmailアドレスやyahooのフリーメールアドレスです。

コインチェックやビットフライヤーはfacebookのアカウントを流用して作成できる機能がありますが、それは使わない方がいいです。facebookもアカウント乗っ取りがありましたので、SNSなどで利用しているメールアドレスやパスワードはいったん情報が流出してしまうと怖いので、取引所で使うものは全く別のものにした方が無難です。

ビットコインの盗難を防ぐにはセキュリティ対策が必須

ビットコインの盗難、仮想通貨の不正送金を防ぐには、あなたのセキュリティ対策が要です。取引所のセキュリティもあなた自身のセキュリティ意識が低く、きちんと対策をしていなければ意味がありません。もちろん、ウォレット、スマホ、メールアドレス、パスワード、パソコンの取扱といった全てにおいて言えることです。

特にMACの人はウイルスソフトを入れていない人が多いですが、必ず入れましょう。ウイルス対策ソフトが入っていないパソコンで取引所にアクセスしたり、取引所に登録してあるメールアドレスを使用するのは危険です。マルウェアにビットコインの送金アドレスを書き換えられたり、ランサムウェアにパソコンが侵されたら大変です。

ウィルスバスターソフト画像

パソコンにウイルスソフトが入っていれば問題はないのですが、念には念をで、ビットコイン等の仮想通貨の送受金の際は2重、3重に確認をしましょう。ウイルスも常に進化しているため、いたちごっこです。パソコンそのものがウイルスに侵されていたり、マルウェアに侵されていると、コピーペーストで使うクリップボードなどが改ざんされたり、使用するアプリが改ざんされ、送受金時のアドレスがハッカーのものに書き換えられることがあります。

パソコンのウイルス対策は当たり前のこととして、念には念を。本体での確認を忘れずに行いましょう。

ウイルスバスターダウンロード版はこちら

メールアカウントも2段階認証を設定しよう

それから、グーグルなどのフリーメールアドレスを使っている人は必ず2段階認証の設定をしましょう。取引所でもよくある2段階認証ですが、スマホでQRコードを読み取って設定します。しかし、スマホを紛失したりスマホが故障した時、ログインできなくなるなどのリスクがあります。2段階認証もバックアップを取っておくなどの対策は必須です。取引所でも2段階認証のバックアップがありますので、必ずバックアップを取っておきましょう。

また漫画喫茶でグーグルのアカウントにログインしたり、フリーwifiの公共の場で取引所やウォレットにアクセスするのはやめてください。

スマートフォンの管理も厳重に!

スマートフォンの管理も厳重に!

取引所のアプリはスマートフォンに入れておくと便利ではありますが、ログインした状態で誰かに盗まれたり、置き忘れたりした場合も盗まれる危険があります。海外ではビットコインを友人に盗まれるという事件や誘拐されてスマホからビットコインを送金するように脅されるという事件が起きています。スマホでの取引は便利ではありますが、そういったリスクもあることもお忘れなく。

取引所においておく資金は最低限に、購入後の仮想通貨は必ずハードウェアウォレットに入れて管理しましょう。

ご自身の仮想通貨の資産状況をSNSに投稿したりするのも危険です。SNSや他のネットサービスで使っているアドレスやパスワードは取引所で使っているものを使いまわしたりしないように。個人情報の企業からの流出はいつどこであるかわからないものと思っておいたほうがいいです。

ビットコインの盗難に合わないためのハードウェアウォレット

取引所のアプリのウォレットや複数の仮想通貨を管理できるスマホアプリのウォレット、Chromeアプリのウェブウォレットは安全とはいえません。

ビットコインやアルトコインの盗難被害に合わないためにすべきことは、やはりハードウェアウォレットで管理することです。ハードウェアウォレットとはネットにつながない状態でビットコインを保管するデバイスです。(厳密には仮想通貨を管理することのできる秘密キーが保管されています詳しくはハードウェアウォレットの仕組みをご確認ください)

現在はフランスのLedger、チェコのTREZOR、アメリカのKeepkeyというハードウェアウォレットが人気です。

まずはハッカーがアクセスできるネット上からビットコインを切り離し、ネットからビットコインを盗難できない状況に保管するということが大事です。

ビットコインウォレットおすすめはこれ!

Ledger Nano S 購入

ビットコインウォレットでオススメはフランスのLedger社Ledger Nano S です。ビットコイン以外に、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ジーキャッシュ、ダッシュ、ストラティス、ドッジコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、そしてリップルに対応しています。多くの種類の仮想通貨に対応しており、操作も比較的簡単です。

ビットコインを盗まれる前に行動を!

取引所から不正送金という形でビットコインを盗難された方は、あとからハードウェアウォレットに入れておくべきだったと後悔することがほとんどです。ハードウェアウォレットはまだまだ持って居る人も少なく使い方もよくわからず不安ということ、単価も1万円~と安くはないことなどから、購入を後回しにしてしまう人も多いでしょう。しかし、取引所からごっそりビットコインやその他の仮想通貨が無くなる恐ろしさを考えれば、ハードウェアウォレットは安いものだと思えるでしょう。

ビットコインの管理はすべて自己責任。単価が高くなっていることも伴い、金の現物と同じように丁重に扱う必要があります。まずはひとつ、ハードウェアウォレットを買っておいて損はないはずです。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ