ビットコインキャッシュに対応する?

ビットコインキャッシュに対応する?

ビットコインキャッシュ

8月1日にビットコインの分裂があってから、ビットコインはBTCとBCH(BCC)に分かれました。ビットコインキャッシュはすべてのビットコイン保有者に自動的に付与されます。

ビットコインキャッシュはLedgerではBTCを保管していた人にも付与されるようになっています。TREZORも対応しました。しかし8月1日以前にハードウェアウォレットにビットコインを入れた人で、ビットコインキャッシュをウォレットに追加したい場合はハードウェアウォレットのビットコインアプリを再インストールする必要があります。

ビットコインをすでにハードウェアウォレットにいれてあった場合

8月1日、それ以前からビットコインをハードウェアウォレットで保有していた場合、ビットコインキャッシュは付与されるか?という点についてですが、付与することができますが、アプリケーションでの設定が必要となります。ハードウェアウォレットにもよりますが、最新のファームウェアが必要となるため、操作にはくれぐれも注意が必要です。Ledger NanoS以前のハードウェアウォレット(Nano/HW.1)をお持ちの方も最新のファームウェアに更新すればアップデートと共に自動的に付与されます。

ビットコインとビットコインキャッシュの取扱には注意

ビットコインとビットコインキャッシュの送受信には間違いのないようにくれぐれも確認を怠らないようにしてください。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします


トップへ戻る