暗号通貨のウォレットの種類と違い

暗号通貨のウォレットの種類と違い

暗号通貨を保管するウォレット。ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨は取引所のアプリのウォレットだけでなく、保管する、送金をしたりしてもらったりするためのスマホやブラウザで使えるウォレットや紙にQRコードを印刷して保管するペーパーウォレットとハードウェアウォレットがあります。

ハードウェアウォレット ペーパーウォレット アプリ・取引所
画像
ホットウォレット
種類 コールドウォレット コールドウォレット ホットウォレット
特徴 秘密キーさえあれば他のウォレットでも復元可能 プリントアウトで簡単に作れる スマホやブラウザで簡単にインストール、すぐに使いこなせる。
メリット 秘密キーさえあれば他のウォレットでも復元可能 他人に紙幣のように渡すことが可能 送金・受金が簡単
デメリット 使いこなすには多少の知識と情報収集が必要 紙なので無くしたら終わり 盗まれるリスクに常にさらされている

インターネットに接続可能な環境ですぐにビットコインやアルトコインを送金可能な状態なのはホットストレージといい、インターネットから完全に切り離した状態で保管したペーパーウォレットやハードウェアウォレットをコースドストレージといいます。

このホットストレージとコールドストレージをきちんと使い分けて暗号通貨を保管するのが大事です。ちなみに取引所の何割かの暗号通貨はハッカーに盗まれないようにコールドストレージで保管されています。

ホットストレージには少額で日常的に使う可能性がある分の暗号通貨を入れておき、コーストストレージですぐに使わない大金を保管しましょう。

ホットストレージのメリットとデメリット

ホットストレージとは、スマホのアプリのウォレットやブラウザアプリのウォレット、取引所のアプリのウォレットが主ですが。ホットストレージにビットコイン等を置いておく最大のデメリットは、ビットコイン(その他暗号通貨も)は盗まれる危険性に常にさらされているという点です。取引所はマウントゴックス事件でもそうですが、常にハッカーに狙われています。そして実際に多くのビットコインは盗まれているのです。すでに日本の大手取引所でもビットコインの不正送金の被害にあっている人も存在しています。ちなみにビットフライヤーやコインチェックが不正送金や不正ログインの盗難補償をしていますが、補償内容には条件があります。また、ビットフライヤーの保証は日本円の不正送金のみで、暗号通貨の不正送金の補償はありません。(⇒詳しくはこちら

ホットストレージのメリットとしては、すぐに送金・受金ができる点です。

コールドストレージのメリットとデメリット

コールドストレージのメリットはインターネットから切り離された状態で保管するため、ハッカーの脅威にはさらされないという点。しかし、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットなどで保管しても、万が一、家が火事になってしまった、無くしてしまった!といった時にはもうどうしようもありません。特にペーパーウォレットとして紙にプリントアウトしたビットコインはその紙がなくなればどうすることもできません。ハードウェアウォレットの場合は秘密キーさえあれば、自分の保管した暗号通貨にアクセスできます。

しかしコールドストレージでも管理という点で秘密キーを無くしてしまえば、何の意味もありません。実際に大量のビットコインの入ったディバイスを捨ててしまったという大失態をおかした人もいます。

ハードウェアウォレットが一番安全!

ホットストレージ、コールドストレージではコールドストレージがハッカーに盗まれるリスクが少なく安心ですが、一番の問題はその管理です。ハードウェアウォレットを無くしたり、秘密キーをなくしたり、忘れてしまった場合、もうそれは二度と戻ってくることはありません。

ホリエモンの知人も暗号通貨が何百倍になる前にに買った20万円分の暗号通貨をセルフゴックスしています。(今持っていれば億単位になってるとか。)暗号通貨の取扱は最終的にすべて自己責任なので気を付けたいです。とはいえ、取引所やホットウォレットでは常にリスクにさらされているので、やはりハードウェアウォレットを持つことが重要となります。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

トップへ戻る