ハードウェアウォレットが故障したら?

ハードウェアウォレットが故障したら?

ハードウェアウォレットが故障したら?それに入れていたビットコインやイーサリアムはどうなる?

ハードウェアウォレットが故障しても、紛失しても、そこに入れておいた暗号通貨はなくなりません。LedgerもTREZORもkeepkeyもですが、秘密キーさえあれば、そのウォレットの中身を復元できます。なので、無くしても、故障しても、秘密キーさえあれば大丈夫なんです。

ハードウェアウォレットの秘密キーの重要性

ハードウェアウォレットの秘密キーは12・24単語で成り立っており、ホットウォレットであるアプリのウォレットもハードウェアウォレットもこの秘密キーさえあれば大丈夫。新しいウォレットを手に入れさえすれば復元することができます。ただし、この秘密キーを無くしてしまっては、もう2度とそのウォレットの中身は復元できません。

秘密キーはウォレットの設定時に必ずメモを取るように指示があります。そして正確にメモを取れたかどうか?の確認もあります。そのメモは大事にとっておかなければいけません。秘密キーの管理と全責任はあなたにあるのです。ハードウェアウォレットを買うとこの秘密キーをメモるためのカードが入っています。書き留めた後、それを無くさないように秘密キーのバックアップは必ず取っておきましょう。

秘密キーのバックアップはどうする?

一度暗号通貨をいれたハードウェアウォレットそのもの以上に大事なのは秘密キーです。秘密キーさえあれば他のホットウォレットやハードウェアウォレットで暗号通貨をいれていたウォレットを復元することができます。なので、秘密キーはメモを取ったらバックアップもしておく必要があります。

秘密キーの単語を書いたメモは金庫に保管したり、写真に撮って、USBなどに保管したりして、いくつかに分散しておくというのが安心です。しかし、秘密キーが誰かに見られたり、盗まれたりしたら、それは財布の中身を盗まれたものと同じです。たとえば、スマホに秘密キーの写真を撮っていれたまま、スマホを盗まれた場合、そのスマホを盗んだ人が秘密キーをウォレットに入力したら、あなたの暗号通貨はもうその人のものになってしまうのです。

そして、それが誰か?を調べるのは至難の業。毎日もちあるくようなものに秘密キーを入れておくのは危険です。

家に置いておいても泥棒に盗まれた場合や、自然災害にあった場合、完全にアウトです。秘密キーをネット上のエバーノートやメールの下書きなんかに保存しておくのも絶対にやめておいた方がいいです。

じゃあ、何が安全か?ものすごい数のビットコインやその他の暗号通貨を持っている人は、銀行の貸金庫などを利用するのもありです。銀行の貸金庫は半年数千円程度で借りることもできます。

賃貸でセキュリティーが十分でない場所や家族や他人が出入りする住まいの方で大量の暗号通貨を持っている人は、2つ、3つのハードウェアウォレットを保有して、秘密キーの保管もさらに分散するのもいいと思います。

ハードウェアウォレット以上に大事な秘密キー。管理はくれぐれも慎重に!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

トップへ戻る