取引所が安全でない理由

ビットコインの取引所が安全でない理由は?

ビットコインをはじめとする暗号通貨の取引所、ビットフライヤーやコインチェックは保険に入っていて保証がありますが、保証には条件があり、実際にはそんなに立派な保険ではありません。

取引所はあなたが預けたビットコインをはじめとする暗号通貨を何割かはコールドウォレットで保管しています。(コールドウォレット⇒ウォレットの種類と違い) しかし、必ずしもあなたが預けた取引所のアカウントが安全とは言えません。

グーグルのGmailやヤフーのメールアドレスで個人情報とアカウントが盗まれたこともあるように、他のアカウントから個人情報が盗まれてしまった場合、その情報を利用して第一関門のメールアドレスとパスワードで取引所にログインできてしまう可能性があります。また、もし2段階認証を設定していたとしても、安心ではありません。

ハッカーの手にかかれば、2段階認証も突破することは不可能ではないのです。またビットフライヤーやコインチェックはfacebookのアカウント情報を利用して簡単にアカウントがつくれますが、facebookから個人情報が盗まれたり乗っ取られてしまったらそれも第一関門を簡単に突破できてしまうのでお勧めしません。

なぜハッカーは取引所を狙うのか?

取引所は常にハッカーに狙われています。なぜかというと、たくさんのビットコインがそこに集まっているからです。香港の取引所や韓国の取引所で数十億円のビットコインが盗まれたのは大きなニュースとなりました。それ以外にも日本の取引所でも実際にビットコインは盗まれていますし、海外のPoloniexなどの取引所でも個人の口座から暗号通貨は盗まれています。

取引所がなぜ狙われるかというと、1BTCが入っている個人のウォレットを狙うよりも10000BTCが入っている取引所を狙ったほうが効率がいいからです。個人のウォレットですらも脆弱性が見つかればすぐにハッカーの標的となりますが、たくさんの暗号通貨が流動している取引所から暗号通貨が盗まれる可能性の方が高いのです。

GmailとYahooのフリーメールアドレスは取引所で登録してはダメ!!

また、GoogleのGmailのアカウント乗っ取り事件でGoogleアカウントの情報流出があったことやYahooでも同じような乗っ取り事件が過去にあったため、フリーメールアドレスでの取引所の登録は危険です。

ビットコインを盗まれている人の多くはフリーメールアドレスでのアカウント登録をしている人です。メールアドレスとパスワードは取引所では必ず他のところで使っていない組み合わせにすべきです。今はビットコインの価格高騰に伴い、個人の少額のアカウントですら狙われる対象となっており、ツイッターなどでも盗難の被害にあった人の声が上がってきています。ビットコインの盗難はもはや他人事ではありません。

フリーメールアドレスのパスワードさえわかってしまえば、2段階認証の突破はハッカーにとって大した問題ではありません。取引所に置いておかずに、必ずハードウェアウォレットなどのコールドウォレットで管理しましょう。

取引所のビットコインが盗まれたときの保険

取引所はマウントゴックス事件があってからというもの、常にハッカーからビットコインを盗まれないように警戒はしていますが、取引所では何かとシステムに問題が発生して取引がロールバックされたり、一時的な障害で取引そのものができないといったことがすでに何回も起きています。そのため、取引所はすべてのシステムが完璧ではないというのが実情です。

多くの取引所はまだ新しい会社が多く、働いている社員の数も数十名と少なかったりします。 そのためお客様のサポートもあまりできていなかったり、口座開設の依頼が殺到すると、口座開設自体にも時間がかかったりします。また日本では仮想通貨法案によって、さまざまな規制がはいってくるため、そもそも、規制によりその取引所自体が今後存在できるのか?も危ういのです。

ビットフライヤーの保険の対象は日本円のみ

ビットフライヤーは三井住友海上の損害保険に入っていますが、実際保障されるのは預けているビットコインではなく、預けている日本円資産のみです。え?って思いますよね。さらにその保障っていうのが、他人の口座に振り込まれてしまった場合という、そんなことができるシステム自体が問題な内容です。 しかも2段階認証をしていて、資産の預け入れ相当額が100万円を超えている場合のみといった保障で、ビットコインが盗まれてもビットコインは帰ってきません!というわけで大した保障ではないんです。ビットコインやその他の暗号通貨が盗まれても保証はされないので、保険という名前で安心させているようですが、実際はなにも安心できないのが現状です。

コインチェックは暗号通貨でも100万円までは保険対象

コインチェックは東京海上日動火災保険と提携。ビットフライヤーと違いコインチェックは2段階認証を設定している人でビットコイン等の暗号通貨が不正に送金されてしまった場合、100万円までは保障してくれます。とはいえ、100万円って少ないですよね。コインチェックにもビットフライヤーにも口座開設はしてありますが、私は買ったビットコインはハードウェアウォレットに移動済みです。

取引所のビットコインが盗まれたときの保険

取引所はマウントゴックス事件があってからというもの、常にハッカーからビットコインを盗まれないように警戒はしていますが、何かとシステムに問題が発生して取引がロールバックされることや一時的な障害で取引そのものができないといったことがすでに何回も起きています。そのため、取引所はすべてのシステムが完璧ではないというのが実情です。

多くの取引所はまだ新しい会社が多く、働いている社員の数も数十名と少なかったりします。 そのためお客様のサポートもあまりできていなかったり、口座開設の依頼が殺到すると、口座開設自体にも時間がかかったりします。また日本では仮想通貨法案によって、さまざまな規制がはいってくるため、そもそも、規制によりその取引所自体が今後存在できるのか?も危ういのです。

取引所を過剰に信頼してはいけません。ビットコインやあなたの暗号通貨資産は自分自身で守るしかないのです。たくさんの暗号通貨を保有している場合はハードウェアウォレットでの管理が一番安全です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

トップへ戻る