Ledger Nano S/Blueのビットコイン送受金

Ledgerへビットコイン送受金

Ledger Nano S/Blueのビットコイン送受金はまずアプリのダウンロードが必要となります。Nano S/Blueでも同じ操作が必要となります。Ledger Nano S/Blue共に本体だけでは機能しません。ブラウザアプリを使用して本体のロックの解除、アプリと本体のPINコードがあって初めて送受金が可能となります。

Ledger ビットコインウォレットをインストール

ブラウザをChrome以外にしている人は先にChromeのインストールをしましょう。Ledgerの公式サイトからビットコインウォレットのアプリをChromeからインストールしましょう。

Ledgerビットコインウォレットアプリをクロームにインストール

https://www.ledgerwallet.com/apps/bitcoin

緑色の「GET THE APPS」のボタンをクリックするとクロームストアのページに飛びます。

クロームでledgerのビットコインウォレットをインストール

Chromeのアプリインストール画面が開きますので、インストールをクリック。しばらくすると、Ledger Managerのインストールが完了し、ボタンが「アプリを起動」になります。

ledger-manager-chrome-app

アプリがすぐに起動しない場合はブラウザのウィンドウの裏に隠れていないか?みてみましょう。それでも見当たらない場合はブラウザ右上のアプリページから再度立ち上げましょう。

Ledger ビットコインウォレットの使い方

インストールが終わったら、USBでLedger Nano S/Blueをパソコンに接続します。そしてビットコインウォレットで使用する暗号通貨をアプリの方で選択します。ビットコインウォレットではビットコイン以外の暗号通貨の管理も可能ですが、ここではまずビットコインを選択します。ビットコインキャッシュもこのビットコインウォレットで管理可能です。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

ビットコインを選ぶと、アプリがLedger Nano S/Blueに接続を開始します。この時にLedger Nano S/BlueのロックをPINコードを入力して解除しておく必要があります。

Ledger Nano Sの場合、ビットコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

そしてビットコインをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ビットコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

接続されると、次にこの画面がでてきます。どちらのビットコインチェーンを使いますか?と問われています。ビットコインかビットコインキャッシュか?をこちらで選びます。ビットコインとビットコイン以外のアルトコインを使う場合はビットコインを選びましょう。

ビットコインウォレットを接続するのに選ぶレガシーとセグウィット

次にアドレスタイプを選択します。「LEGACY」と「SEGWIT」があります。ビットコインの送受信をするのには安い手数料ですぐに送金できる「SEGWIT」を選択してください。現在「LEAGACY」では送金に不具合が発生しています。以前からLedgerを使っていて「LEGACY」にビットコインが入っていて取り出せなくなっているという報告が多々あります。その際は他のウォレットとの同期で解消する方法があります。弊社からご購入のお客様には無料でそのサポートをしていますので、お問合せ下さい。他社でサポートを受けられないというお客様も大変多くいらっしゃいますので、有料ですが、サポートを行っています。こちらのページからお申し込みください。⇒https://shop.hardwarewallet.jp/items/8679637

Ledgerへビットコインウォレットでの送受金

アプリとLedger Nano S/Blueが接続されたら、あとは簡単です。取引所のウォレットアプリでQRコードを読み込んで送金すればビットコインを受け取ることができます。取引所からの送金はちょっと時間もかかるので、まずは少額試しで送ってみましょう。

Ledger Nano S/Blueから送金する際も同じ手順です。送るのボタンに切り替えて、送付アドレスを入力するか、QRコードを読み込んでLedgerに送金しましょう。送金の際もLedger Nano S/Blueの本体にビットコインウォレットアプリからの接続があり、「送信(SEND)」ボタンを押すと、本体の画面に「Confirm Transaction」と出てきますのでチェックマークを選択すると送金が確定されます。ビットコインの受け取りは右上の更新ボタンをクリックすると反映されます。

ビットコインを送るのボタン、送信ボタンをクリックするとビットコインを送る操作のポップアップがあります。送り先のビットコインアドレスをコピペするのもOKですし、カメラのアイコンを押してPCからQRコードを読み込んでもOKです。取引手数料は早く送りたい場合は高いに設定、遅くてもいいのであれば設定を変えることができます。金額を入れると取引手数料が表示されます。

ビットコインの受信も受信ボタンを押すとことような画面が出てきますので、取引所のスマホアプリを持っている人は送金金額を入れてスマホでQRコードを読み込み、送金すると楽ですね。アドレスをコピペする場合はコピペミスの内容に気を付けてくださいね。※QRコードはダミーです

Ledgerへビットコインの送受金に失敗?確認方法

ビットコインの送金にはアドレスの間違い等がないようにくれぐれも注意が必要です。取引所とのやりとりには結構時間がかかることがあるので、気長に待ってみるのが一番なのですが、大金を送受け金する場合はそうもいきませんよね。

送ったビットコインのアドレスが間違っていなければ、送受金は問題なので、心配だったら、ビットコインのやり取りがすべて記録されているブロックチェーンのサイトで現状を確認しましょう。

https://chainflyer.bitflyer.jp/

ビットコインをはじめとする暗号通貨は暗号でのやり取りで個人は特定することが難しいですが、すべてのやり取りが記録されています。

ちなみに私がビットコインをビットフライヤーとコインチェックなどの取引所からLedger Nano Sに送金した際はだいたい3時間かかりました。ビットコイン以外の暗号通貨によっても送受金速度は違いますし、JAXXなどのウォレットからだと数秒で反映されたりします。取引所からの送金はなにかとチェックが入るみたいなので、時間がかかると思っておきましょう。

ビットコインウォレットで他のアルトコインを管理

Ledger Nano S/Blueはビットコインとビットコインキャッシュ、その他にライトコインやゼットキャッシュなども入れることが可能です。(Ledger Nano S/Blue 対応通貨はこちら)その際はビットコインウォレットを開く前に、Ledger Nano S/Blueの本体で他のアルトコインを選択しておく必要があります。ビットコインウォレットを接続すれば、開くウォレットは本体で開いているコインになります。

それぞれのアプリを本体に入れてからでないと使えませんが、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル以外のアルトコインはこのビットコインウォレットで同じように管理ができます。 ※イーサリアム・イーサリアムクラシックとリップルはそれぞれウォレットアプリのインストールが必要です。

Ledgerのビットコインアプリが開かない?

Ledger Nano Sのビットコインウォレットの同期リセット

ビットコインのアプリを開いても自動的にアプリがLedger本体と接続されないことがあります。パソコンの再起動で使えるようになることもありますので、試してみてください。それでもダメな場合は本体で「Settings」から「Browser support」を選び(左右ボタン同時押し)、ブラウザのサポートを無効にします。「NO」を選択して、パソコンのアプリを起動させます。そうするとビットコインウォレットが同期して開きます。

この方法を試しても動作しない場合は、アプリをクロームからアンインストールして再インストールしてみてください。そして本体のBitcoinアプリをLedger Nano S / Blueにアンインストールして再インストールしてください。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る