Ledger Nano S/Blueのビットコインキャッシュ送受金

Ledgerへビットコインキャッシュ送受金

Ledger Nano S/Blueのビットコインキャッシュ送受金はまずアプリのダウンロードが必要となります。Nano S/Blueでも同じ操作が必要となります。Ledger Nano S/Blue共に本体だけでは機能しません。ブラウザアプリを使用して本体のロックの解除、アプリと本体のPINコードがあって初めて送受金が可能となります。

Ledger ビットコインウォレットをインストール

ブラウザをChrome以外にしている人は先にChromeのインストールをしましょう。Ledgerの公式サイトからビットコインウォレットのアプリをChromeからインストールしましょう。

Ledgerビットコインウォレットアプリをクロームにインストール

https://www.ledgerwallet.com/apps/bitcoin

緑色の「GET THE APPS」のボタンをクリックするとクロームストアのページに飛びます。

クロームでledgerのビットコインウォレットをインストール

Chromeのアプリインストール画面が開きますので、インストールをクリック。しばらくすると、Ledger Managerのインストールが完了し、ボタンが「アプリを起動」になります。

ledger-manager-chrome-app

アプリがすぐに起動しない場合はブラウザのウィンドウの裏に隠れていないか?みてみましょう。それでも見当たらない場合はブラウザ右上のアプリページから再度立ち上げましょう。

ビットコインキャッシュのアプリを本体にインストール

Ledger ManagerからLedger Nano S/Blueにビットコインキャッシュのアプリをインストールします。Ledger ManagerをChromeにインストールしていない場合は、こちらのページの手順(Ledger Nano SのLedger Managerの設定)に従って、Ledger Managerをインストールして本体と接続してください。

「Allow  Ledger Manager」

Ledger Managerからビットコインキャッシュのアプリをインストールする際、本体の画面に「Allow Ledger Manager」というサインが出たらチェックマークを押すのを忘れずに!接続すると上の画面に切り替わります。↓のボタンを押して本体にアプリをインストールしましょう。

Ledger ビットコインウォレットの使い方

ウォレットアプリの本体へのインストールが終わったら、Ledger Managerを閉じてから、ビットコインウォレットを開きます。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

この時にLedger Nano S/BlueのロックをPINコードを入力して解除しておく必要があります。

Ledger Nano Sの場合、イーサリアムのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

ビットコインキャッシュをLedger Nano S/Blueの本体でも選択します。Ledger Nano Sの場合、ビットコインキャッシュのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体と同期して、アプリの画面が切り替わります。ビットコインキャッシュとビットコインのアプリの選択を間違えないように気を付けましょう

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

接続されると、次にこの画面がでてきます。どちらのビットコインチェーンを使いますか?と問われています。ビットコインかビットコインキャッシュか?をこちらで選びます。ビットコインキャッシュを選びましょう。 「Remember my choice」にチェックを入れてしまうと、接続時に勝手に選択したウォレットが開くようになってしまうのでBTCもBCHも保管する人はチェックを入れないようにしてください

ビットコインキャッシュで選択するMAINとSPLIT

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

次にビットコインキャッシュをどのように管理するか?を選ぶ選択肢が表示されます。MAINとSPLITです。ハッカー対策としてこの選択肢があります。MAINは古いHDパスでビットコインキャッシュが表示され、管理されます。8月1日以前にビットコインを持っていた人はすでにMAINでビットコインキャッシュが発生しているためMAINを選択するとビットコインキャッシュの残高が確認できます。SPLITは新しいHDパスで表示され管理されます。ちなみにこのMAINとSPLITのパスは転送することもできます。SPLITの方が送金手数料、送金速度も速いので、新しくBCHを送受金するならSPLITを選択しましょう。

ビットコインキャッシュのMAINとSPLITのアドレス

ビットコインキャッシュのMAINのアドレスはハードフォーク前のものなのでビットコインのLEGACYと同じアドレスになります。ビットコインのSEGWITとビットコインキャッシュのSPLITは違うアドレスです。弊社ではビットコインはSEGWITを選ぶようにお客様にお伝えしています。SEGWITはビットフライヤーのビットコインアドレスにも対応しており、送金コストも安いためです。ビットコインキャッシュもSPLITの方が手数料が安いので、新規で保管するのであればSPLITでいいと思います。

Ledgerへビットコインウォレットでの送受金

アプリとLedger Nano S/Blueが接続されたら、あとは簡単です。取引所のウォレットアプリでQRコードを読み込んで送金すればビットコインを受け取ることができます。取引所からの送金はちょっと時間もかかるので、まずは少額試しで送ってみましょう。

ledger ビットコインキャッシュの画面

Ledger Nano S/Blueから送金する際も同じ手順です。送るのボタンに切り替えて、送付アドレスを入力するか、QRコードを読み込んでLedgerに送金しましょう。送金の際もLedger Nano S/Blueの本体にビットコインウォレットアプリからの接続があり、送金の確認が求められます。ビットコインキャッシュの受け取りは右上の更新ボタンをクリックすると反映されます。

ledger ビットコインキャッシュを送るの画面

ビットコインを送るのボタン、送信ボタンをクリックするとビットコインキャッシュを送る操作のポップアップがあります。ここではビットコインと表示されていますが、金額の単位がBCHになっているのを確認しましょう。送り先のビットコインアドレスをコピペするのもOKですし、カメラのアイコンを押してPCからQRコードを読み込んでもOKです。取引手数料は早く送りたい場合は高いに設定、遅くてもいいのであれば設定を変えることができます。金額を入れると取引手数料が表示されます。

ビットコインの受信も受信ボタンを押すとことような画面が出てきますので、取引所のスマホアプリを持っている人は送金金額を入れてスマホでQRコードを読み込み、送金すると楽ですね。アドレスをコピペする場合はコピペミスのないようにに気を付けてくださいね。※QRコードはダミーです

Ledgerへビットコインキャッシュの送受金に失敗?確認方法

ビットコインキャッシュの送金にはアドレスの間違い等がないように注意してください。取引所とのやりとりには結構時間がかかることがあるので、気長に待ってみるのが一番なのですが、大金を送受け金する場合はそうもいきませんよね。

送ったビットコインキャッシュのアドレスが間違っていなければ、送受金は問題なので、心配だったら、ビットコインキャッシュのやり取りがすべて記録されているブロックチェーンのサイトで現状を確認しましょう。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします


トップへ戻る