Ledger Nano S/Blueのデジバイトの送受金

Ledger Nano S/Blueのデジバイトの送受金

デジバイト

Ledger Nano S/Blueのデジバイトの送受金はまず本体へのアプリのダウンロードが必要となります。Ledger Nano S/Blue共に本体だけでは機能しません。デジバイトの場合はビットコインウォレットアプリを使用します。本体へのデジバイトアプリをインストールをしてビットコインウォレットアプリと同期ができてはじめて送受金が可能となります。

デジバイト(DGB)のアプリを本体にインストール

まずはLedger Managerからデジバイトのアプリをインストールしましょう。アプリがたくさん入っていてもう入らないというエラーがでたら、いったん普段使わないアプリをゴミ箱ボタンを押してアンインストールすることもできます。アプリは送受金の際に本体に入っている必要がありますが、本体のアプリをアンインストールをしても中身の資産は消えませんので安心してください。

デジバイト(DGB)のアプリダウンロード画面

Ledger Managerのインストールがまだの人はこちらのページをご確認ください。上記画面が表示されたら、Digibyteの並びにある↓のアイコンをクリックして本体にインストールします。

「Allow Ledger Manager」

Ledger Managerの緑の↓ボタンを押すとLedger Nano Sの本体の液晶画面に「Allow Ledger Manager?」と出てきますので、✔マークのある右上のボタンを押します。すると本体からアプリがインストールされます。Ledger Nano / Blueはたびたび本体とアプリ両方の操作が必要です。

Ledger Managerを使い終わったら、ビットコインウォレットを開く前に必ずLedger Managerは閉じてください。アプリが複数開いていると同期が上手くいきません。

デジバイト(DGB)はビットコインウォレットをつかって送受金

デジバイト(DGB)はビットコインウォレットで送受金をします。デジバイト以外にもビットコインクローンと呼ばれているライトコインなどもLedgerではビットコインウォレットを使って送受金します。ビットコインウォレットのインストールがまだの人はこちらのページから、ビットコインウォレットのインストール手順を確認してください。

デジバイト(DGB)をビットコインウォレットから開く

インストールが終了したら、クロームブラウザにインストールしたビットコインのウォレットアプリを起動させます。

デジバイトは、ビットコインのウォレットアプリから管理画面にアクセスします。ライトコイン、ダッシュ、ジーキャッシュ、他はビットコインクローンとも呼ばれており、Ledgerではビットコインウォレットを使います。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

Ledger Nano S/Blue本体のアプリはデジバイト(DGB)を選択します。

Ledger本体のアプリ選択液晶画面デジバイト(DGB)

USBでLedger Nano S/Blueをパソコンに接続し、Ledger Nano S/BlueのロックをPINコードを入力して解除してください。Ledger Nano Sの場合、Digibyteのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。

Ledgerでのデジバイト(DGB)の送金・受金方法

Digibyteを選ぶとこのような管理画面が表示され、デジバイトの送信・受信を行うことができます。

デジバイト管理画面

仮想通貨の単位がDGBになっていることを確認してください。

Ledgerからデジバイト(DGB)を送金する方法

デジバイト送金画面

Ledgerからデジバイトを送るには、管理画面上部の「送信」ボタンを押して送金画面を表示させます。「受取先のビットコインアドレス」に送付先のアドレスを入力するか、カメラアイコンを押してPCからQRコードを読み込むか。どちらでもOKです。アプリの設定が日本語になっていると、ここにビットコインアドレスと表示されますが、もちろん、入れなくてはいけないのはデジバイトのアドレスです。英語表記にしているときちんとDGBと表示されます。

取引手数料は早く送りたい場合は高いに設定、遅くてもいいのであれば「普通」、「低い」など設定を変えることができます。金額を入れると取引手数料が表示されます。

送る金額と受取先のアドレス、取引手数料を入力したら、「送信(SEND)」ボタンを押します。この際にLedger Nano S/Blueの本体にビットコインウォレットアプリからの接続があり、本体の画面に「Confirm Transaction」と出てきますのでチェックマークを選択することで送金が確定されます。

Ledgerでデジバイト(DGB)を受け取る方法

デジバイト受金画面

Ledgerでデジバイトを受け取るには、管理画面上部の「受信」ボタンを押して受信画面を表示させます。こちらもビットコインと表記されていますが、単位がDGBになっていることを確認できます。緑のボタンには、ディスプレイで受け取り用ドレスを確認すると書かれています。Ledgerに他の取引所やウォレットから送金する際は、受信アドレスを必ず本体に表示させて、パソコンの画面で表示されているアドレスと一致しているか?確認しましょう。Ledgerのマルウェア対策にはこの目視での確認が重要となります。

デジバイト受金画面

緑のボタンを押すと本体にアドレスが表示されます。パソコンに表示されているアドレスと一致しているか?確認します。「ADDRESS」に表示されるデジバイトの受信アドレスを送付する側のアドレス入力欄にコピペします。取引所のスマホアプリを持っている人は送金金額を入れてスマホでQRコードを読み込み、送金すると楽です。アドレスをコピペする場合はコピペミスのないように気を付けてくださいね。

Ledgerのビットコインアプリが開かない場合

デジバイトのブラウザサポートの変更

ビットコインウォレットを開いても自動的にアプリがLedger本体と接続されないことがあります。その場合は本体デジバイトを選択し、「Settings」から「Browser support」を選び、ブラウザのサポートを無効にします。「NO」を選択して、パソコンのアプリを起動させます。そうするとビットコインウォレットが同期して開きます。

それでも接続しない場合はブラウザの再起動、本体のUSBを再接続したり、パソコンを再起動するなどで使えるようになる場合があります。

これらの方法を試しても動作しない場合は、ビットコインウォレットアプリをクロームからアンインストールして再インストール、本体のDigibyteアプリをLedger Managerでアンインストールして再インストールするなどしてください。

デジバイトはどこの取引所で取り扱いがある?

デジバイトは日本の取引所では取扱がありません。海外の取引所ではPoloniexもしくはBITTREX等の海外の取引所でBTCから購入が可能です。(BITTREXではETHからも購入可能)デジバイトは早くからSEGWIT対応をしており、21億デジバイトがマイニングの上限。21年間でマイニングは完了となります。ビットコインの問題であるマイニングの独占が起こらないような工夫やブロックサイズ問題といった問題が起きないような工夫がされており、サイバーセキュリティー対策やIoT、AIとの組み合わせによる自動分析を考えているのも特徴です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ