Ledger Nano S が故障したら?

Ledger Nano S が故障したら?

Ledger Nano Sが故障したりフリーズを繰り返す場合、画面に何も表示されないなどの場合、故障が考えられます。Ledger社はフランスなのでサポートは英語ですが、サポートに問い合わせて返品することが可能です。ハードウェアウォレットの明白な欠陥や不具合が証明された場合、2年間の保証期限内であれば返品と交換が可能です。

Ledger社の日本正規販売代理店であればそれなりの対応をしてくれると思いますが、Ledger社の商品はamazonの転売やメルカリでの転売で販売されているものの場合は故障等の相談や対応はできないでしょう。

Ledger Nano S が故障したかなと思ったら確認したいこと

  • USBは付属のものを使っているか?
  • 立ち上げているアプリはあっているか?
  • パソコン、アプリの再起動をしてもダメか?
  • 他のアプリが立ち上がっていないか?

まずは上記を確認しましょう。たいていのトラブルがこちらの4つに当ります。

Ledger Nano S がフリーズした場合

Ledger Nano Sがアプリケーションとうまくつながらなかったり、液晶画面が「Setting...」でフリーズする場合はアプリと本体の選択したアプリが同じものであるか?確認しましょう。パソコンのアプリがRippleのウォレットを開いているのに、Ledger Nano S の本体がBitcoinを選択していたら何も始まりません

また、ウォレットアプリをインストールできていなければ、本体も反応しません。接続が途中でおかしいな?と思ったら、USBの接続を解除して、パソコンを再起動させてから、もう一度アプリを立ち上げて、Ledger Nano S を接続してみましょう。

Ledger Nano S のアプリが起動しない

Googleのクロームアプリは複数のウォレットアプリを同時に開くことはできません。使用するウォレットアプリはその都度他のアプリを閉じてから利用する必要があります。また他のメーカーのウォレットアプリなどをインストールして起動しているままだと、アプリ自体起動できないことがあります。

Ledger Nano S にアプリを入れられない

本体へ同期の際に「Allow Ledger Manager」というサインが出たら本体のチェックマークの右上ボタンを押すのを忘れずに!それでもLedger Managerから、仮想通貨のアプリをインストールできない場合は、2つ理由が考えられます。ひとつは、すでに5つ以上の仮想通貨アプリが入っている。もう一つはアプリのエラーです。Ledger Nano Sは5つまでしかアプリを入れることができません。その場合はいったんすべてのアプリをLedger Managerからアンインストールして、再度インストールします。(ETHとETCは1つのアプリのインストールで使うことができますが、2つとしてカウントされます。)

Ledger Nano S のアップデート後に残高が表示されない

Ledger Nano S のアップデートをした後はハードウェアウォレットのデータはいったん削除されます。そのため24単語の秘密キーを使って復元(リカバリー)をします。もしそれでも残高が表示されない場合はパソコンのウォレットアプリをすべて終了し、ウォレットアプリをもう一度起動させます。それでも変更されない場合はChromeアプリをリセットします。Chromeアプリのリセットの手順は[設定]> [ツール]> [アプリケーションデータのリセット]をクリックします。

ウォレットアプリを削除しても残高は消えない

ビットコインでも、リップルでもイーサリアムでもクロームアプリのウォレットを削除しても中身の残高が消えることはありません。Ledgerの中に入っている秘密キーと公開キーのセットがあるため、ウォレットアプリを使って同期すると再度ブロックチェーンにアクセスができ、情報が更新されるためです。ビットコイン他、仮想通貨はLedger本体に入っているわけではないです。入っているのは自分のビットコイン他資産にアクセスするための秘密キーが入っています。

Ledger Nano S のビットコインが送金できない

Ledger Nano S のビットコインが送金できない、凍結しているという方は、LEGACYにビットコインが入っている人です。故障ではなく、不具合です。ハードフォーク前にビットコインを保管していた人はみなさんLEGACYにビットコインが保管されています。初期設定でリカバリーシートにメモした24単語の秘密キーさえあれば取り出しも送金も可能です。

取り出しサポートは有料ですがセキュリティーで最善かつ安全な方法をLINE@にてサポートしています。無料で行いたいところですが、取り出し作業にはかなり時間がかかるので、LINE@手取り足取りサポートになります。ちなみにですが、ビットコインが送金できないのは故障ではなくて不具合です。本体に何ら問題はありません。

ビットフライヤーからのbcから始まるSEGWITアドレスのビットコインはLEGACYに入れると取り出せなくなります。これから使う人は、SEGWITを選んでください。弊社ではそういった注意喚起を同封していますが、他社さんで買われた方はわからないようで、よくご連絡をいただきますが、その手の問い合わせの対応にはかなり時間がかかります。ご購入の際は購入元が本当に信頼できるか?ご確認ください

Ledger Nano S の返品と交換

弊社(shop.Hardwarewallet.jp)でご購入のお客様には返品前にご連絡いただければ、Ledger社に変わって弊社で新品と交換させていただきます。Ledgerに代わって新品と取り替えてもらうには国際郵便の手配やLedgerでの返品手続が必要です。そのため返品交換にはかなり時間がかかります。日本正規代理店である弊社では、在庫も十分に抱えておりますので、フランス本社への交換手続きをせずに新しいものとすぐに交換いたします。

Ledger Nano Sの購入はこちら

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします


トップへ戻る