TREZORのバックアップ

TREZORのバックアップ

TREZORは24の秘密キーがあるので、LedgerでもKeepkeyでも同期できます。なので秘密キーさえあれば、故障しても、不具合があっても中身のバックアップは取れます。

TREZORの24の秘密キーの確認

TREZORの24の秘密キーがちゃんとメモできているか?の確認はビットコインを入れる前に一度初期化をして、再度24の秘密キー(リカバリーフレーズ)を入れることでメモできているか?の確認ができます。全ての単語はきちんと意味のある単語です。意外とメモをするときにスペルミスをしている人が多いです。秘密キーは他のウォレットとの同期にも使えます。ひとつのメーカーのウォレットで不具合があったときも違う会社のウォレットを持っていれば、同期をして送受金をかわりにすることもできるので、違うメーカーのウォレットを持っておくのはけっこう便利です。

TREZORをLedgerで同期してバックアップに使う

TREZORとLedgerの同期はとっても簡単です。しかし、TREZORは最初から同期の作業はできません。いったん初期設定をしてファームウェアをインストールする必要があります。その後、リカバリーの機能を使って、Ledgerと同期することが可能です。この同期の作業をすることで、一つの秘密キーで2台のハードウェアウォレットから操作が可能となります。

TREZORはTREZORのよさ、LedgerはLedgerの良さがあります。また保管できる暗号通貨の種類も違うので、使い分けるといいです。

ちなみにTREZORはマルウェア対策ができていないので、きちんとウイルスソフトの入ったパソコンで使用することが大事です。ちなみに、フリーwifiで接続してビットコインを盗まれるという事例もあるので、家の安全な通信回線で使用しましょう。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る