TREZORでライトコインの送受金

TREZORでライトコインの送受金

TREZORのグーグルクロームアプリ

TREZORでのLitecoinの送受金について気をつけてもらいたいことがあります。TREZORはビットコイン、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、ジーキャッシュともに同じインターフェイスのTREZOR Bridgeからアクセスすることができます。操作はとても簡単なのですが、暗号通貨のハードフォークやSegwit対応などでアドレスが変更となり、数種類のアドレスに別れたりします。

ライトコインのアドレスはMとLと3から始まるアドレスがある

ライトコインは3種類のアドレスに分かれています。 Mと3はSegwit、LはLegacyといって、Segwit対応前のアドレスです。

TREZORで気をつけたいLitecoinのアドレスの違い

TREZORのグーグルクロームアプリ

TREZORのライトコインはLから始まるアドレス、Mから始まるアドレスに対応できており、3から始まるアドレスに対してはコンバートが必要です。コンバートとはアドレスの仕様の変換作業です。TREZORはMから始まるアドレスでの送受金に対応しているためMから始まるアドレスはTREZORへ送金の際はコンバートが必要です。

日本の取引所のほとんどはLから始まるアドレスがほとんどなので、送受金の際はLegacyのアカウントに対して送りましょう。

日本の取引所のライトコインの対応

ライトコインはSegwit対応となり、Segwit対応前のLから始まるアドレスはTREZORではLegacyに入っています、メニューの下の方に残高が表示されます。

取引所 ライトコインの対応アドレス

Lから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

Mから始まるアドレス

Mから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

binance ロゴ

Lから始まるアドレス

ビットポイントとビットバンクはMから始まるアドレスなので、TREZORへ送る際はアカウント#1へ。その他のLから始まるはTREZORのLedgcyで送受金します。

TREZORのMから始まるアドレスとLから始まるアドレスの選択ミスがないように気をつけましょう。 Legacy Accountsが表示されない場合はLegacy accountsをクリックすると出てきます。クリックしないと通常はLのアドレスで保管したライトコインの残高は表示されません。

TREZOR対応のライトコインアドレスへのコンバート

P2SH Conveter

TREZORは3から始まるに対応していないため、3から始まるアドレスにMから始まるアドレスを変換、逆にMから始まるアドレスを3に変換するにはコンバーターを使います。P2SH ConveterがTREZORからも正式なコンバーターとしてリンクが貼られているのでこちらを使いましょう。

使い方は至って簡単です。P2SH Value:と書かれている下の欄にコンバートしたいアドレスを貼り付けます。それからConvertボタンを押せばいいだけ。すると下にコンバートされたアドレスが表示されます。

念の為コンバートしたアドレスに送金するときは少額で送金を試してください。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ