TREZORのセットアップ

TREZORのセットアップ

TREZORのセットアップはとっても簡単ですが、付属の説明書にはあまり詳しいことが書かれておらず、Zaifのサイトでも文章のみでの説明なのでわかりにくいです。というわけで、TREZORのセットアップの手順をわかりやすくお伝えします。

TREZORのホワイトの中身

こちらはTREZORのホワイトの中身です。箱がかなり頑丈に糊で蓋をされているので、なかなか中身を取り出すのに苦労しました。開封されていないことを表すためにホログラムのシールまで貼られています。箱自体はかなり薄いのでポストに投函されてきました。箱には「もしこの箱が一度開封されているんじゃないか?と疑いがある場合はTREZORのサポートに連絡してください。」と英語で書かれています。

そして箱の中身の説明書を見るとhttps://trezor.io/start/にアクセスしてください。と書かれていますが、アクセスしたところで、何から始めていいのか?いまいちわからないんですよねこれが。

ChromeにTREZORアプリをインストール

というわけで、まずはじめにセットアップでやることはTREZORをパソコンにつなげることです。付属のUSBを使って接続してください。コードが短いのでデスクトップの人は多少不便ですが、TREZOR本体をUSBで接続し、TREZORのサイトの「Wallet」ページ⇒https://wallet.trezor.io/#/ にアクセスすると自動的にこのページから本体への接続されます。

グーグルクロームのTREZORアプリをインストール

次にグーグルクロームのTREZORアプリをインストールします。クロームアプリ以外に直接パソコンにインストールもすることができます。アプリの方が簡単なのでアプリで説明します。緑色のボタンを押してTREZORのアプリをインストールします。

ファームウェアをインストール

ファームウェアのアップデート

アプリのインストールが終わると、パソコンの画面にファームウェアのアップデートとしてくださいという画面が出ます。出荷時にTREZOR本体にファームウェアはインストールされていません。このインストールははファームウェアの初期化時に最新であることを確認してくれて、起動中にファームウェアが正しいものであるかの確認もしてくれます。偽物のファームウェアが入っていた場合は起動時に警告が表示されるようになっているそうです。「YES,install」を押します。

TREZOR ファームウェアをインストールしますか?

本体のディスプレイに「Install new firmware?」と出てきます。初めて使う場合は「Continue」を選択。右のボタンを押します。すると自動的にインストールがはじまり、しばらくすると、PCの画面に「ファームウェアの指紋を確認してください。」とでます。

ファームウェアの指紋を確認してください

端末の画面と同じ文字が出ているか確認します。問題がなければ、「Continue」を選択。すると「New Fairmware successfully installed.」ファームウェアはインストールされましたと表示されます。

You may now unplug your TREZOR.

「You may now unplug your TREZOR.」と書かれていますので、いったんUSBからTREZOR本体を取り外します。パソコンの画面にはアップデートが成功しましたと出ているはずです。すると、ウォレットアプリが開いてPINコードの設定画面に切り替わります。

TREZORのセットアップにようこそ!

TREZORのセットアップにようこそ!という画面が出たら本体の端末名を決めます。これは後で変更もできるので、自分の名前でも入れておきましょう。続けるを押すとPINコードの設定に進みます。

PINコードの設定

TREZORの自分のPINコードを設定

まずは本体に表示されている数字を見て自分のPINコードを設定します。4ケタの好きな番号を入力しましょう。PINの数字はパソコンの画面にはでませんので、手元のTREZOR本体の数字の位置を見ながら、パソコンの画面で該当の数字の位置をクリックします。

TREZORの自分のPINコードを再入力

決定するボタンを押すと、確認のため本体の文字が入れ替わった状態になります。再度、PINコードを入力すると、PINコードの設定が終わります。

24の単語(秘密キー)を書き留める

TREZORの秘密キーを書き留める

次に秘密キーの書き留めをします。PINコードの設定が終わると本体に勝手に1つ目の単語が表示されます。「Next」のボタンを押して24の単語をすべて書き留めましょう。書き留めた後、確認でもう一度表示されます。TREZORは正しく書き留められたか?の入力での確認はありませんがPINコードを再度入力する画面になるので、PINコードを入力します。するとTREZORのウォレット画面が開き、ビットコインをはじめとする暗号通貨の送受金ができるようになります。

TREZORはLedgerと違って、ウォレットアプリのインストールは必要なく、すぐにビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ダッシュ、ライトコイン、ジーキャッシュが送受金可能です。ネムもこれから使えるようになるとのことですが、使えるようになってからファームウェアのアップデートが必要になります。

TREZORはビットコイン、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、ライトコイン、ジーキャッシュはすぐに送受金ができますが、イーサリアムはマイイーサウォレットを使わないといけないのがちょっとメンドクサイですね。しかし、これからNEM(ネム)に対応するであろう点がLedgerとの大きな違いかなと思います。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった暗号通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。暗号通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る