TREZORのセットアップ(初期設定)

TREZORのセットアップ(初期設定)

TREZOR(トレザー)の初期設定はとっても簡単ですが、付属の説明書にはあまり詳しいことが書かれておらず、Zaifのサイトでも文章のみでの説明なのでわかりにくいです。また2018年の3月辺りからTREZORのプラットフォームがグーグルクロームのアプリからパソコンにインストールするタイプとなりました。新しいTREZORのプラットフォームの使い方、セットアップの手順をわかりやすくお伝えします。

TREZORのホワイトの中身

こちらはTREZORのホワイトの中身です。箱がかなり頑丈に糊で蓋をされているので、なかなか中身を取り出すのに苦労しました。開封されていないことを表すためにホログラムのシールが貼られています。箱には「もしこの箱が一度開封されているんじゃないか?と疑いがある場合はTREZORのサポートに連絡してください。」と英語で書かれています。

そしてTREZORの箱の中身の説明書を見るとhttps://trezor.io/start/にアクセスしてください。と書かれています。まずはhttps://trezor.io/start/にグーグルクロームのブラウザでアクセスしましょう。

TREZOR使い方【YOUTUBE】

YOUTUBEの弊社のチャンネルではTREZORの使い方動画をアップロードしています。TREZORの使用方法はこちらのページと合わせてご視聴いただければ幸いです。

パソコンにTREZOR Bridgeをインストール

まずはじめにセットアップでやることはTREZORをパソコンにつなげることです。付属のUSBを使って接続してください。コードが短いのでデスクトップの人は多少不便ですが、TREZOR本体をUSBで接続します。Ledger Nano Sを持っている人は、Ledger Nano SのコードでもTREZORの接続ができますので、デスクトップの人はLedgerのUSBコードを使っても問題ないです。

TREZOR ONEを選択

TREZORのサイトのページ⇒https://trezor.io/start/ にアクセスするとTREZORの選択肢が出てきます。TREZOR ONEを選択しましょう。TREZOR Model Tは今後販売予定の最新モデルです。

TREZOR ONEを選択

画面の上に「グーグルクロームのエクステンションのTREZORアプリは年内に使えなくなりますので、トレザーブリッジをインストールしてください。」という表示が出ていますので、その横の「Install TREZOR Bridge」をクリックします。

TREZOR Bridgeのインストール

するとこのページに切り替わります。自分のパソコンのOSを選択してから、横の緑のボタンを押します。Windowsの場合特に問題なくインストールが完了しましたが、Macの場合、「trezor-bridge-2.0-12pkg」は開発元が未確認のため開けません。というエラーがでます。

Macの場合、「trezor-bridge-2.0-12pkg」は開発元が未確認のため開けません。というエラーがでます。

Finderから「trezor-bridge-2.0-12pkg」を見つけて、Contrlキーを押しながらアイコンをクリックしてショートカットメニューから開くを選択するとインストールできます。

インストールが終わっても特にデスクトップにアイコンができるわけではないですが、Macの場合はLaunchpadにTREZOR Bridgeが表示されます。Windowsの場合、ウィンドウズボタンを押してすべてのプログラムを表示されるとでてきます。

TREZOR Bridgeのページを更新する

TREZOR Bridgeのインストールが済んだら、ブラウザでhttps://trezor.io/startにアクセスしてRefreshボタンを押します。

TREZORのファームウェアをインストール

ファームウェアのインストール

アプリのインストールが終わると、パソコンの画面にファームウェアのアップデートとしてくださいという画面が出ます。出荷時にTREZOR本体にファームウェアはインストールされていません。このインストールははファームウェアの初期化時に最新であることを確認してくれて、起動中にファームウェアが正しいものであるかの確認もしてくれます。偽物のファームウェアが入っていた場合は起動時に警告が表示されるようになっているそうです。「Install firmware」を押します。

You may now unplug your TREZOR.

ファームウェアがインストールされると本体のディスプレイに「You may now unplug your TREZOR」と出てきます。USBからTREZORを外して、また接続しなおしてください。

ファームウェアの指紋を確認してください

TREZORを接続しなおすと、「Create a new wallet(新しいウォレットの作成)」と「Recover wallet(ウォレットの復元)」という選択肢が出てきます。Ledger Nano Sとペアリング(同期して使いたい場合)は「Recover wallet」を選択します。まったく新規で使いたい場合は「Create a new wallet」を選択します。すると本体に同期が始まります。次に「Your TREZOR is ready!」と出てきます。

TREZORのセットアップにようこそ!

TREZORのインストラクションがポップアップで出てきます。TREZORはFidoU2fの機能もついており、2段階認証として使えること、トランザクション(取引や取引履歴)にメモを追加したり、アカウントやアドレスの名前の変更もできますよといった内容が書かれています。×ボタンでこのポップアップを閉じます。

TREZORのセットアップにようこそ!

次に秘密キー(リカバリーシード)の書留をします。「Create a backup in 3 minutes.」と書かれているオレンジ色のボタンを押します。

TREZORのセットアップにようこそ!

秘密キー(リカバリーシード)の書留の前の注意事項が出てきます。写真に撮ったり、パソコンに書き留めたり、クラウド上に保管したり、インターネットにアップロードしたりしないこと!秘密キーは一度しか表示されません。初期設定後、秘密キーを再度表示させることはできません。秘密キーはすべての仮想通貨資産のバックアップとなるので、デジタルコピーを作ったりオンラインにアップロードしてはダメです。安全なところに保管してください。TREZORは資産を失っても何もできません。

と書かれています。「I understand and I agree」(理解しました、同意します。)に✔マークを入れて、「Continue」を押します。

TREZORの24の単語(秘密キー)を書き留める

TREZORの秘密キーを書き留める

次に秘密キー(リカバリーシード)の書き留めをします。「Next」のボタンを押して24の単語をすべて書き留めましょう。24単語はNextを押し続けると、最初の1文字目まで戻りますので、再度書き留めた秘密キーを確認します。TREZORは正しく書き留められたか?の入力での確認はありません。24単語があっているかどうか?は念のため後で確認の作業をしましょう。

TREZORの名前の設定

TREZORの秘密キーを書き留める
次にTREZORの本体の名前を設定します。複数台TREZORをもったり、他のハードウェアウォレットと区別するために、名前を付けておきましょう。

TREZORの秘密キーを書き留める

TREZORもLedger同様、1台で複数の秘密キーを生成できます。どんな名前でもいいですが、半角スペースや登録できない文字があります。あまり複雑なものにしないようにしてください。

TREZORの秘密キーを書き留める

「Confirm to continue」を押すと本体に、名前の確認が出てきます。本当にこの名前に変えますか?というメッセージが出てきますので、「Confirem✔」の文字がある右のボタンを押しましょう。

TREZORの秘密キーを書き留める

「Confirem」を押すとパソコンの画面が切り替わります。素敵な名前にしましたね。と書かれています。次に右下の「Continue」ボタンをクリックします。

TREZORのPINコードの設定

TREZORの自分のPINコードを設定

TREZOR本体の名前の設定が終わると次はPINコードの設定になります。強力なPINコードを設定して、TREZORを他人が使えないようにしましょう。

TREZORの自分のPINコードを設定

まずは本体に表示されている数字を見て自分のPINコードを設定します。4~9ケタの好きな番号を入力しましょう。PINの数字はパソコンの画面にはでませんので、手元のTREZOR本体の数字の位置を見ながら、パソコンの画面で該当の数字の位置をクリックします。

TREZORの自分のPINコードを再入力

数字を入力して「Enter PIN」のボタンを押すと、確認のため本体の文字が入れ替わった状態になります。再度、PINコードを入力すると、PINコードの設定が終わります。

TREZORの24の秘密キー(リカバリーシード)の確認

TREZORの自分のPINコードを再入力

初期設定が終わったら、次は秘密キーの書取りが本当に正確にできているか?必ず確認しましょう。確認するには、自分でつけたTREZORの名前をクリック、ADVANCEDに行ってから、ページの下の方にある「Check recovery seed」というところをクリックします。

24単語を選んで、Continueをクリック

24単語を選んで、Continueをクリックします。するとPINコードの入力を求められますので、PINコードを入力します。「Enter PIN」を押したら、「Confirm action on your TREZOR」と出てきますので、本体の画面を見ながら、本体に表示されているナンバーの秘密キーを入力していきます。単語の順番は本体に表示されます。バラバラの順番なので本体に書かれた番号に従って入力をします。

ここで最後まで間違いなく入力ができたら「Seed check finished」チェックが終わりました。本体の結果を見てください。と表示されます。

24単語を選んで、Continueをクリック

本体にも「The seed is valid and MATCHES the one in the device.」とでます。このデバイスのシードは合っています。有効です。という意味ですので、本体の「Confirm✔」の下の右ボタンを押します。

すると画面の上に「Success Backup check successful.」と出てきます。これで秘密キーの書取りミスがないことが確認できました。

はじめてTREZORを使う時はこの秘密キーの確認を必ずしてください

TREZORはLedgerと違って、ウォレットアプリのインストールは必要なく、すぐにビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ダッシュ、ライトコイン、ジーキャッシュが送受金可能です。ネムとモナも対応になりました。しばらく使っていない人はファームウェアのアップデートが必要です。

TREZORはビットコイン、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、ライトコイン、ジーキャッシュはすぐに送受金ができますが、イーサリアムはマイイーサウォレットを使わないといけません。対応通貨がLedgerとは違うので、たくさんの種類の仮想通貨資産をお持ちの方にはTREZOR、Ledgerの両方持っておくことをお勧めします。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ