TREZORが故障したら?

TREZORが故障したら?

TREZORは本家のサイトからの購入の場合、15日間であれば全額返金対応をしてくれます。故障かどうか?到着時に欠陥や不具合があったとみなされた場合交換品を発送してもらうことが可能です。しかし、多くの人はamazonなどから購入していることがほとんどのため、おそらく通常の返金対応は難しいと思います。

TREZORが故障したかなと思ったら確認したいこと

     
  • USBはUSB2.0か3.0?
  • USBは付属のものを使っているか?
  • パソコン、アプリの再起動をしてもダメか?
  • 他のアプリが立ち上がっていないか?

まずは上記を確認しましょう。たいていのトラブルがこちらの4つに当ります。

TREZORが同期できない場合の対処法

TREZORはUSB2.0に対応3.0は非対応

これは意外と盲点なのですが、TREZORはUSB3.0では動きません。新しいパソコンでUSB3.0での接続しかできないという人はそのパソコンではTREZORは使えないです。TREZORの接続はUSB2.0のみ対応です。

USBコードは必ず付属のものを使う

よくありがちなのですがマイクロUSBだから同じものやコードが長いものでいいかな?と思ってスマホなどのマイクロUSBを使ってしまう人がいますが、それも不具合の原因です。他メーカーのものを接続しても電源はつきますが、途中でうまく動作しないことがよくあります。コードが短くて使いにくいですが必ずTREZORに付属のUSBを使いましょう。

パソコンの再起動をする

次に多いのがパソコンをつけっぱなしにしている人で後ろで何かソフトが動いていたり、アップデートなどが滞っているとうまくTREZORがアプリと同期できません。再起動して使えるようになることがほとんどなので試してみてください。

他のウォレットアプリが開いていないか?

次にLedgerのウォレットアプリやマイイーサウォレットなどが開いていないか?確認しましょう。ウォレットアプリは自動的にUSBの本体にアクセスしようとします。電話が通話中になるように複数のアプリがUSBの端末にアクセスしようとすると混線してうまく動きませんので気を付けてください。

TREZORが動かなくなったら?

まず動かなくなったら動作テストをしてみましょう。もちろん、この動作テストをする際には秘密キーもきちんとあるかどうか確認してください。ビットコインなどの資産が入っている状態で秘密キーがなく、動かなくなった場合はその資産はなくなったも同然です。

動作がおかしいなとおもったらブートローダーモードに入ってサポートを受けます。まずはChromeのTREZORウォレットを開きましょう。TREZORをパソコンにつなぐ際に本体の2つのボタンを両方押したままにして差し込みます。差し込んだら両方のボタンを手放します。ボタンが正常に作動している場合はブートローダーという画面が表示されます。

ファームウェアが最新のものでない場合、アップデートをすると動く可能性があります。

TREZORウォレットが反応しない場合

ChromeのTREZORアプリのウォレットが反応しない場合はTREZORウォレットをいったんChromeから削除して再インストールするか、ベータ版のTREZORウォレットを試す方法があります。どちらにしても秘密キーさえあれば、TREZORの中身の資産が消えることはありません。アップデート中にプラグを抜いてもデータが消失することはありません。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします


トップへ戻る