ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットの仕組み

ビットコインってハードウェアウォレットの中に入っているんでしょ?と思っていませんか?実はハードウェアウォレットの中にビットコインは入っていません

ハードウェアウォレットには秘密キーが入っている

ビットコインは、各ハードウェアウォレットのビットコインウォレットの送金用アドレスと、ハードウェアウォレット本体の秘密キーがあって初めてデータとして認識されます。

パソコンのアプリのビットコインウォレット自体にビットコインが入っているというわけではなく、アプリと本体の秘密キーがあって初めてビットコインの存在するデータにアクセスできるという形になります。

そのため、ハードウェアウォレットはアプリを開いても、本体を接続してPINコードを入力しない限り、ハードウェアウォレットの中身にはアクセスできない仕様になっています。

恐らく多くの方がイメージしているのが、ハードウェアウォレット本体に、ビットコインのデータが写真データをスマホやUSBなどのデータをいれるようなイメージで保存されていると思っているかと思うのですが、実際は違います。

USBを繋ぐハードウェアウォレット本体にはビットコイン自体がはいっているのではなく、ビットコインにアクセスできる秘密キーが暗号化されたデータとして存在しています。

ハードウェアウォレット本体自体はUSBメモリとは違うため、ビットコインなどの暗号通貨が直接保存されているわけではないのです。そのためウィンドウズのパソコンでよくある、USB接続メモリの安全な取り出しといった作業は必要なく、本体は気軽に抜き差ししても大丈夫です。

ハードウェアウォレットにはビットコインそのものではなく秘密キーが入っている

ハードウェアウォレットにはビットコインそのものではなく秘密キーが入っている

ビットコインの送受金にはビットコインのアドレス(公開キー=長い文字列のウォレットID)と秘密キーが一致しないと送れない仕様になっています。そのため、秘密キー自体をハードウェアウォレット自体に保管して、物理的にインターネットの通信環境から普段切り離しておくことができるのが、このハードウェアウォレットの存在意義です。

取引所には秘密キーがあります。秘密キーがあるから取引所から送金ができるようになっていますが、私たちは取引所の自分の口座の秘密キーを知ることはできません。

取引所の暗号通貨は自分のものではない?

ハードウェアウォレットにはビットコインそのものではなく秘密キーが入っている

こちらはコインチェックのライトコイン送金時のトランザクションです。取引所のトランザクションを見るとわかりますが、一つのアドレスで大量の暗号通貨を保有しています。こちらはわかりやすいライトコインの取引履歴ですが、取引所に暗号通貨を置いておくということは、このコインチェックの公開アドレスの一部であるということです。そのためこの取引所のアカウントが狙われて全部盗まれてしまったら、あなたの暗号通貨というもの自体が存在しないということになります。取引所の管理画面では自分の購入した暗号通貨の保有数は確認できますが、管理されている実態は、多くの資産を保有するアドレスの一部にすぎないのです。

取引所は送金前の状態では一人一人のために公開キーを細かく振り分けて用意をしていません。取引所から送金して着金して初めてあなたの公開キーが有効となり、あなたの取引所の資産が本当の意味であなたのものになります。

ハードウェアウォレットの仕組みを理解していないとビットコインを盗まれる?

ハードウェアウォレットの仕組みで大事なのは、秘密キーの理解です。

LedgerもTREZORもKeepkeyもそうですが、24の単語がリカバリーフレーズという秘密キーとなっています。この秘密キー自体もハードウェアウォレットの中でさらに暗号化されています。この秘密キーが万が一でも他人と同じものになるということはあり得ません。

なので、秘密キーはあなただけのものです。そしてこの秘密キーと公開キーをあなたがペアで所有することで、はじめてビットコインがあなたの管理下におかれます。(その他の暗号通貨も同じ)

ハードウェアウォレットを無くしても、秘密キーさえあれば大丈夫というのはこの理屈です。大事なのはハードウェアウォレット本体そのものよりも秘密キーなのです。

ここをきちんと理解できていないと、他人に秘密キーを盗まれ、暗号通貨資産を盗まれたり、他人に騙されて盗まれる危険があります。

ハードウェアウォレットに入れていたのにビットコインを盗まれた?

初期設定が済んでいるハードウェアウォレットを使ってはダメ!!

ハードウェアウォレットを悪用した詐欺や犯罪がすでにあります。たとえば新品のハードウェアウォレットを買ったら、中にPINコードが入っていた。それを入力して、ビットコインをハードウェアウォレットに入れました。翌日、ハードウェアウォレットのウォレットを開いてみたら、入れたはずのビットコインがなくなっていた。

という事件がすでに起こっています。なぜ盗まれたか?お分かりでしょうか?

これはハードウェアウォレットの故障でもハッキングでもありません。あらかじめ仕組まれていた犯罪です。それに引っかかってしまったのは、その人がハードウェアウォレットの仕組みを理解していなかったためです。

ハードウェアウォレットはLedgerでもTREZORでもKeepkeyでも他のメーカーのなんでもそうですが、秘密キーさえあれば同期が可能です。PINコードが入っていたという時点でおかしいと気づかないといけません。要は、初期設定が済んでいて、秘密キーの書取りも終わった状態のウォレットだったということです。

秘密キーさえあれば、何台でもハードウェアウォレットがあれば同期できてしまうので、初期設定が終わっているウォレットはあなたものもではないということです。

初期設定は必ず自分で行う必要があります。この状態でビットコインやその他の暗号通貨資産を盗まれた場合ハードウェアウォレットの会社の責任でもなく、あなたの責任になります。

ハードウェアウォレットが壊れていたわけでもなく、ハッキングされていたわけでもないのです。手元に届いた時点であなたのものではない状態だったということです。

ハードウェアウォレットの仕組みが分かっている正規店から買いましょう

ニュースでも話題となっていましたが、アマゾンの返品・返金サービスを悪用し、商品をコンビニで受け取り、DVDやゲームソフトなどの中身を海賊版と入れ替えたり、中身を抜き取った状態した上で、シュリンク(透明のビニールの梱包)をかけなおして、アマゾンに返金してもらうという犯罪行為があります。

アマゾンの倉庫から出荷されるFBAという出品形態ではまだこの犯罪の対策ができていません。要は、新品未開封として返品された商品は他の新品と同じ在庫扱いになり、誰にその中身が入れ替わった商品が届いてしまうか?わかりません。(そのため弊社ではamazonに在庫は置いていません、自社からの発送になっています。)

これはハードウェアウォレットでやられてしまったら本当に恐ろしいことで、それこそ、PINコードが書かれているメモが入っていたら、ハードウェアウォレットの仕組みを理解できていない人は、自分で初期設定をせずにそのまま使ってしまいます。

また、こういったハードウェアウォレットの仕組みを理解していない販売者も多く、アマゾンでは転売も横行しています。

ゲームやDVDなら販売元の泣き寝入り被害で終わりますが、ハードウェアウォレットに関しては、それだけにとどまりません。なので、購入する側もそういった予備知識がないと簡単に騙されて、ビットコインを盗まれてしまう危険があるのです。

ハードウェアウォレットの仕組みが理解できると応用が利く

ハードウェアウォレットは実際に使ってみないとわからないこともたくさんあるので、まずは正規代理店から買いましょうということと、実際に手に取って、自分で初期設定からやってみて、使い慣れることが大事です。いろんなところで使ってみたり、いくつかの違う種類の暗号通貨を保管してみることで、ハードウェアウォレットの仕組みを感覚的に理解できてくると思います。

最初からすべて理解するのはむずかしいですが、手に取ってみて初めてわかることも多いはずです。秘密キーさえあれば、ブロックチェーンにアクセスするプラットフォームの不具合があっても、慌てることはないということもわかるはずです。

使い慣れてみると、ハードウェアウォレットの利便性や安全性に気づくこともできます。まずは、ある程度のハードウェアウォレットの仕組みを理解し、暗号通貨を保管してみましょう

ビットコインだけでなく他の暗号通貨も対応となる新しいハードウェアウォレットがさまざまな形態ででてくることになります。ブロックチェーンもまだ発展途上でこれからまだいろいろな課題を抱えています。

そのため、ハードウェアウォレット自体のアップデートがあったり、選択肢が変わったりといったことがあります。それは仕方のないことです。どこのメーカーのものだから面倒なことはない、使い勝手がいいとはいいきれません。TREZORにしてもLedgerにしてもKeepkeyにしてもそれぞれ一長一短があります。

ハードウェアウォレットという機械自体この世にできたばかりなのです。よくわからないことがあって当たり前ですし、予期せぬことがあるのは当然です。しかし、取引所に置いておく場合のハッキングの心配はなくなります。(問題はその後の秘密キーや本体の自己管理です。)

よくわからないから後周しにしがちですが、まずは使ってみる、ハードウェアウォレット仕組みもどういうものか?使いながらでもいいので理解することが大事です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る