Ledger Blueに仮想通貨を保管

Ledger Blueに仮想通貨を保管

Ledger Blueのセットアップが完了したらパソコンのクロームアプリ(Ledger Manager)から保管したい仮想通貨のウォレットをインストールして、取引所やその他のウォレットから仮想通貨をLedger Blueへ送金します。この操作方法はLedger Nano Sと同じです。

Ledger Blueに使うブラウザアプリをインストール

まずはまずはパソコンを立ち上げてChromeを開きます。ブラウザをChrome以外にしている人はChromeのインストールをしましょう。ChromeにてLedger Nano Sのアプリ Ledger Manager をインストールします。

Ledger Manager

Chromeのアプリインストール画面が開きますので、インストールをクリック。しばらくすると、Ledger Managerのインストールが完了し、ボタンが「アプリを起動」になります。

ledger-manager-chrome

通常はChromeのブラウザの左上のアイコンでアプリというのがあるので、そちらをクリックするとすでにChromeにインストールしてあるアプリ一覧が表示されますので、今後、Ledger Manager他のアプリを使用する場合はこのアプリのアイコンを開きましょう。

ledger-manager-chrome-app

ChromeにLedger Managerのアプリインストールされていれば、このページでLedger Managerアプリのアイコンが表示されているはずです。Ledger Managerアプリをダブルクリックします。

Ledger Manager から仮想通貨アプリを本体にインストール

To begin,connect yuor Ledger Wallet.

Ledger Manager起動時は「To begin,connect yuor Ledger Wallet.」と表示され、下にPINコードを入力してLedger Blue本体(ディバイス)のロックを解除してくださいと書かれています。USBでLedger Blueを接続してPINコードを入れます。するとアプリ画面が以下のように切り替わります。

ledger-manager-chrome-app

アプリが起動したら、自分の保管したい仮想通貨を接続したLedger Nano Sにインストールします。BitcoinやEthereumはあらかじめインストールされています。Ethereum ClassicはEthereumのウォレットのアプリを使って保管することができるため、インストールのアイコンはありません。RippleやZchashなどはインストールが必要です。

Ledger Blueへのアプリのインストール

Ledger Blueの本体に暗号通貨アプリをインストール

Ledger Blueへのアプリをアイコンの下↓ボタンでインストールを開始すると、Ledger Blue本体に、「Allow Ledger app to manage your applocations and device settings ?」と表示され「DENY」と「ALLOW」と出てきますので、「ALLOW」をタップしてください。タップするとすぐにインストールが開始されます。

ウォレットアプリのインストール

ledger-manager-chrome-app

最後にLedgerのアプリページ(https://www.ledgerwallet.com/apps)からウォレットアプリのインストールをしましょう。ウォレットアプリは「Ledger wallet Bitcoin」と「Ledger wallet Ethereum」「Ledger wallet Ripple」があります。

レジャーウォレットアプリの管理できる暗号通貨

「Ledger wallet Bitcoin」ではBitcoinの他にLitecoin、Zcash、Dash、Dogecoinを管理することができます。「Ledger wallet Ethereum」はEthereumとEthereum classicを管理することができます。「Ledger wallet Ripple」はRippleです。ウォレットごとに管理できる仮想通貨が違いますので、ご確認ください。

Ledger BlueはARK、UBIQ、NEO、STELLARに対応していません。現在Ledger Blueは生産停止となっています。3月6日のファームウェアのアップデートもLedger Blueはありません。

Ledger Blueとウォレットアプリの同期

レジャーブルーとビットコインウォレットアプリの同期

アプリをインストールした後、USBに接続したLedger Blueで管理したい仮想通貨のアイコンを選択して、アプリとの同期を待ちます。同期の際にPINコードの入力が必要となります。アプリは同時に複数開いておくことはでません。Ledger Managerやその他のウォレットアプリが起動していない状態で、使用したいアプリを起動してください。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ