Ledger Blueのセットアップ

Ledger Blueのセットアップ

Ledger BlueのセットアップはLedger Nano Sとほとんど同じです。Ledger Nano SとLedger Blueの違いは入れられる暗号通貨の数くらいで、機能自体には大きな違いはありません。しかしディスプレイがiPhoneと同じくらいのサイズで使い勝手がいい点を考えると、視力が低い人や老眼で小さい文字がよく見えない人にはLedger Blueがオススメです。

Ledger Blueの購入はこちら

Ledger Blue 初期設定と使い方

Ledger Blue 初期設定と使い方

まずは電源をいれます。スイッチはiPhoneと同じように右上についています。立ち上げたら、新しいディバイスとして使うを選択します。次にPINコードの設定画面に進みます。PINコードは4~8ケタの数字で設定します。このPINコードはアプリの設定・同期時、送受金の際に必要となりますので必ず忘れないようにしましょう。

Ledger Blue の初期設定

Ledger Blue の初期設定

「Configure as new device?」新しいディバイスで設定しますか?「Restore Configuration?」(ウォレットを)復元しますか?という文字が出てきます。初めてLedger Blueを使う場合は「Configure as new device?」をタップします。すると「Choose a PIN code」と出てきます。

Ledger Blue のPINコードの設定

Ledger Blue のPINコードの設定

PINコードは4~8ケタの数字で設定します。このPINコードはアプリの設定・同期時、送受金の際に必要となりますので必ず忘れないようにしましょう。

Ledger Blue の秘密キーの設定

Ledger Blue の秘密キーの設定

次に秘密キー(リカバリーフレーズ)の書き取りをします。 「Write down your recovery phrase」と出てきます。24の単語が出てくるので順番にメモしましょう。これをメモしたら同じく24の単語を入力してあっているか?確認します。戻るボタンで確認ができます。この24の単語は1度しか出てきません。設定完了後に確認はできませんのでご注意ください。

Ledger Blue の秘密キーの入力

Ledger Blue の秘密キーの入力

次に秘密キーの確認画面に進みます。3つ程指定された番号の秘密キーを尋ねられますので、メモをした秘密キーを見て入力します。

これでセットアップは完了です。

秘密キーはスペルミスがないように、単語の意味も日本語で横に書いておくと安心です。24の単語もメモが確実に取れたか?確認できるようになっています。

セットアップのやり直しをしたい場合

まだあなたのLedger Blueにはビットコインやその他の資産は入れていない空っぽの状態です。USBにつないでいる状態でもしPINコードなどのやり直しをしたい場合は途中でUSBの接続を解除すると最初からやり直せます。その際24の単語も新しいものに変わります。

最後まで設定してしまってからのやり直しは「Restore Configuration?」でやり直します。ビットコインなどの資産を入れる前にやり直しするのは問題ありませんが、資産を入れてからのPINコードや24の単語の紛失は資産の紛失となるのでくれぐれも気を付けてください。

Ledger Blueの設定でできること

Ledger Blueの設定でできること

Ledger Blueの「Setting」でLedger Blueの画面の明るさ、オートロック、自動パワーオフ、ファームウェアのバージョンの確認ができます。Ledger BlueはUSB接続なしでも電源が入ります。自動オートロックは一定時間操作をしないと、再度PINコードの入力が求められるようになっています。その機能が必要のない場合は「Auto-lock delay」をOFF、そうでない場合は30秒から5分まで設定が可能です。

オートロック状態になった後、自動的に電源が切れる設定が「Power Off delay」です。それもOFF、そうでない場合は30秒から5分まで設定が可能です。Ledger Nano SではsettingでPINコードの変更も可能ですが、Ledger Blueにはその機能はありません。

Ledger Blue のセットアップと操作方法

Ledger Blueのセットアップが終わったら。次にパソコンを立ち上げてChromeを開きます。ブラウザをChrome以外にしている人はChromeのインストールをしましょう。

Ledger Manager

ChromeにてLedgerのアプリ Ledger Manager をインストールします。Ledger Managerをインストールすると、アカウントの管理、支払いの送受信、セキュリティアップデートなどがChromeアプリにて実行できます。

Ledger BlueをUSBケーブルで接続すると「Allow Ledger Manager」と本体に出てきますので、ボタンをタップします。

「Allow  Ledger Manager」

アプリのインストール時にも本体での「Allow Ledger Manager」という確認が出てきますので、Allowをタップしてください。Ledger Blueでインストールできる暗号通貨アプリは8~10種類です。必要に応じて、インストール、アンインストールをしてください。1台のLedger Blueで、すべての対応暗号通貨を管理することが可能ですが、送受金などの操作には必ず本体にインストールしたアプリが必要なため、通常使うものをインストールしておき、普段送受金をあまりしない暗号通貨はアンインストールして都合に応じて入れ替えましょう。

ledger-manager-chrome-app

Ledger Blueはマルチアプリケーションデバイスなので、Bitcoin、Ethereum、その他多数のアプリケーション(altcoins、認証など)をインストールしてアンインストールすることができます。これらのアプリケーションは Ledger Manager からインストールできます。 Ledger Blueで必要なアプリをLedgerの公式サイト⇒ https://www.ledgerwallet.com/start からインストールしましょう。

必要なアプリのインストールが済んだら、各暗号通貨の送受金のページをご確認ください。

Ledger Blue の外し方

Ledger BlueはUSBでつなぐので、よくあるUSBメモリなどのように安全な取り出しといった操作を必要とするのではないか?と思っている方が結構いらっしゃいます。Ledger BlueはUSBメモリではないので、使い終わったら、そのままUSBケーブルから本体を抜いてしまってOKです。送金作業後、まだ受金していないような状態でも抜いてしまって大丈夫です。特に外し方で壊れるなどの心配はありません。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る