Ledger Nano Sのバックアップ

Ledger Nano S のバックアップ

Ledger Nano S は24の単語がバックアップフレーズとして有効で、これさえあれば、PINコードがわからなくなった時も、Ledger Nano S の本体が故障した時や紛失した時も中身のデータを復元することができます。この24単語をメモを取っておき、それが間違っていないか?確認を行います。

ledger-manager-chrome-app

この24の単語はリカバリーシートという「Ledger Nano S」の箱に入っていたものに書いていきます。 24の単語はセットアップ時に必ず設定することになります。Ledger Nano S の本体のディスプレイに単語が順番に出てくるので、間違えないように書き留めましょう。リカバリーシートに書いた24単語はカメラなどで写真に撮っておき、USBやSDカードなどに保管しておくと安心です。

この24単語がわからなくなり、Ledger Nano Sが壊れたり、紛失した場合、PINコードを忘れてしまった場合は2度とハードウェアウォレットに保管した暗号通貨は取り戻せないのでくれぐれも注意してください。

24単語の秘密キーは通常使わない

24単語の秘密キーは通常使うことはありません。それはLedger Nano SでもLedger Blueでも同じです。ビットコインやその他のアルトコインの送金や受金の際はPINコードの入力だけでOKです。そのため、24単語は覚えておく必要はないので、人に見られない、盗まれないような場所に保管しておきましょう。泥棒にあった場合のことも考えて、USBやSDカードなどに保管して、別の場所に置いておくのもありです。USBやSDカードのファイルにもパスワードなどを設定して鍵をかけておけば、職場や実家などに置いておいても安心です。

Ledger Nano S のPINコードがわからなくなったら

Ledger Nano Sを使用する際は毎回PINコードの入力が求められます。秘密キーの次に大事なコードなので忘れないようにしましょう。以前のLedger Nano Sでは4ケタのPINコードでしたが、最新版は8ケタになっています。ちょっと入力が面倒ですが、ウォレットアプリの同期の際に必要となります。

PINコードは3回間違えると自動的にLedger Nano Sが初期状態に戻ってしまいます。PINコードがわからなくなったら初期状態から「Restore」を選択して24単語の秘密キーを入力すれば、ウォレットを復元でき、PINコードも再設定が可能となります。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった暗号通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。暗号通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします♡


トップへ戻る