Ledger Nano S/Blueのライトコインの送受金

Ledger Nano S/Blueのライトコインの送受金

Ledger Nano S/Blueのライトコインの送受金はまずアプリのダウンロードが必要となります。Nano S/Blueでも同じ操作が必要となります。Ledger Nano S/Blue共に本体だけでは機能しません。ブラウザアプリを使用して本体のロックの解除、アプリと本体のPINコードがあって初めて送受金が可能となります。

Litecoinのアプリを本体にインストール

まずはLedger ManagerからLitecoinのアプリをインストールしましょう。アプリがたくさん入っていてもう入らないというエラーがでたら、いったん普段使わないアプリをゴミ箱ボタンを押してアンインストールすることもできます。アプリは送受金の際に本体に入っている必要がありますが、本体のアプリをアンインストールをしても中身の資産は消えませんので安心してください。

ビットコインウォレットのアプリのバージョンを確認

接続すると上の画面に切り替わります。↓のボタンを押して本体にアプリをインストールしましょう。

「Allow  Ledger Manager」

Ledger Managerの緑の↓ボタンを押すとLedger Nano Sの本体の液晶画面に「Allow Ledger Manager?」と出てきますので、✔マークのある右上のボタンを押します。すると本体からアプリがインストールされます。Ledger Nano / Blueはたびたび本体とアプリ両方の操作が必要です。

Ledger Managerを使い終わったら、ビットコインウォレットを開く前に必ずLedger Managerは閉じてください。アプリが複数開いていると同期が上手くいきません。

Litecoinをビットコインウォレットアプリから開く

次にビットコインのウォレットアプリからライトコインの管理画面にアクセスします。ライトコイン、ダッシュ、ジーキャッシュ、他はビットコインクローンとも呼ばれており、Ledgerではビットコインウォレットを使います。開く際に必ず、本体のアイコンもライトコインにしてください。

ビットコインゴールドのアプリをLedger本体にインストール

ライトコインで開くとこのような画面が出てきます。「I DON'T KNOW」「LEGACY」「SEGWIT」です。SEGWITはビットコインでも選択肢が出てきます。ビットコインではSEGWITを推奨していますが、ライトコインは使っている取引所のアドレスがSEGWITなのか?LEGACYなのか?で選ぶものが変わってきます

ビットコインゴールドのアプリをLedger本体にインストール

ライトコインは今まではLEGACYというもので、アドレスは「L」から始まるアドレスでした。SEGWITはビットコインがハードフォークしたのと同様に、処理速度が速く、手数料が安いトランザクションでブロックチェーンにアクセスできます。

ビットコインゴールドのアプリをLedger本体にインストール

しかしSEGWITのドレスは「M」から始まるアドレスです。しかし、ビットコインとのSEGWITとは違い、LEGACYの「L」から始まるアドレスのライトコインをSEGWITに入れると取り出せなくなります

ここがややこしいところです。ビットコインの場合はSEGWITでも数字の1から始まるLEGACYのアドレスのビットコインも送受金が可能です。なので現在はSEGWITを使うようになっていますが、ライトコインの場合はそうはいかないということです。

日本の取引所のライトコインの対応

ライトコインのアドレスはMとLと3から始まるアドレスがある

ライトコインはSegwit対応となり、Segwit対応前のLから始まるアドレスはLedgerではLegacyに入っています。ライトコインは3種類のアドレスがあります。数字の3から始まるアドレスはコンバートが必要となります。

取引所 ライトコインの対応アドレス

Lから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

Mから始まるアドレス

Mから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

binance ロゴ

Lから始まるアドレス

ビットポイントとビットバンクはMから始まるアドレスなので、Ledgerへ送る際はLegacyへ。Mから始まるはSegwitで送受金します。取引所のアドレスも今後も変更になる可能性はあります。

アルトコインもビットコイン同様、進化していて、仕様も変わっていきます。そのため、送受金の時は必ず、なにかアップデートされている情報がないか?調べる必要があります。

Ledgerのサポートサイトを確認するのはもちろんのこと、いままでと違う警告文や選択肢がでてきたら、よくわからないままにせずに、きちんと調べてから資金を移動してください。

これに関しては、仮想通貨がまだ成熟していなため、どうしても自己責任で対応していかなくてはいけないことです。

なんとなく、分かったつもりで使わずに、きちんと確認をして送受金を行ってください。

すべての判断は自己責任です。ハードフォーク等のリアルタイムの情報はLedgerのツイッターが一番早いので、弊社でも日本語でツイート、リツイートはしております。よろしければツイッターの方もフォローしてください。(@hardwarewalletj

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ