Ledger Nano S/Blueのビットコインゴールドの送受

Ledger Nano S/Blueのビットコインゴールドの送受

Ledger Nano S/Blueのビットコインゴールドの確認と送受はまずアプリのダウンロードが必要となります。Nano S/Blueでも同じ操作が必要となります。Ledger Nano S/Blue共に本体だけでは機能しません。ブラウザアプリを使用して本体のロックの解除、アプリと本体の同期をすることで送受金が可能となります。

Ledger Liveからビットコインゴールドのアプリをインストール

まずはLedger Liveを開き、Ledger Nano S/Blueと接続します。 まずはManagerから本体にビットコインゴールドのアプリをインストールします。

Ledger Liveのmanager

Ledger LiveのサイドメニューからManagerをクリックします。クリックすると本体との接続が始まります。

Ledger Nano S本体の操作について

Ledger Liveと本体との接続

PINコードを入力した状態でしばらくすると「Allow Ledger manager?」と出てきます。

Ledger Nano Sの「Allow Ledger manager?」

Ledger Nano Sの場合、「Allow Ledger manager?」の横にチェックマークがあるので、その上の右ボタンを押します。Ledger Blueは「Allow」をタップします。するとManagerのページが開きます。

Ledger Nano S本体の表示の変更

ファームウェア1.5.5までの操作と1.6.0以降のLedger Nano Sの操作の違い

ファームウェアを1.6.0にアップデートするとLedger Nano S本体の操作が変わります。1.6.0以降は「Allow Ledger Manager?」画面で両ボタン同時押しでLedger Liveのマネージャーページ、アプリのインストール、アンインストールの画面に進めます。右ボタンを押すと「Deny Ledger Manager」という画面に変わり、ここで両ボタン同時押しをするとキャンセル(拒否)となります。戻りたい場合は左ボタンを押します。ファームウェア1.6.0アップデートのやり方

Ledger Liveのmanagar

ファームウェアのアップデート後で本体にSettingsしかない状態の人は必ずビットコインのアプリからインストールする必要があります。ビットコインのアプリは本体のベースとなるアプリとなるので、最初にインストールする必要があります。

Ledger Liveのmanagarからビットコインゴールドのアプリをインストール

Managerページにあるビットコインゴールドの「Install」ボタンを押しましょう。

この画面が表示されて本体にビットコインゴールドのアプリが表示されたら、インストール成功です。

Ledger ビットコインゴールドの送金と使い方

インストールが終わったら、今度はLedger LiveのAccountにビットコインゴールドを追加します。アカウントのプラスボタン「Add account」を押しましょう。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

左メニューにあるACCOUNTS「Add account」を開くと、どの仮想通貨を追加するか?プルダウンで選べるようになっています。

ビットコインゴールドをアカウントに追加

Bitcoin Goldを選択します。すると「Continue」のボタンが出てきますのでクリックします。

Ledger LiveとLedgerの同期、ビットコインゴールドのアプリを開く

ContinueをクリックするとLedger Liveから本体への接続、同期が開始されます。本体がスリープ状態になっていたり、PINコードの入力が求められたら入力して下さい。本体はビットコインゴールドのアプリを開いている状態にします。

ビットコインゴールドのアプリをLedger Nano Sで開く

ビットコインゴールドをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ビットコインゴールドのアイコンを選択(両ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。Ledger Blueの場合はビットコインゴールドのアイコンをタップして下さい。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

本体とLedger Liveが接続するとくるくるが止まります。チェックマークになったら、Continueをクリックします。

Ledger Liveと本体のビットコインアプリの「Synchronaizing(シンクロナイジング)」

「Synchronaizing(シンクロナイジング)」同期しています。と出ます。「Synchronaizing(シンクロナイジング)」という単語は度々でてきますので覚えておきましょう。同期が完了しました。

ビットコインウォレットを接続するのに選ぶレガシーとセグウィット

このビットコインゴールドのアカウント名は自分でわかりやすいものに変更できます。アカウントは複数作成することができ、入金や出金をアカウントごとに分けることができます。例えば、取引所から送ったものなら取引所の名前などつけて管理するとわかりやすくなります。アカウント名を決めたら、チェックマークをつけて「Add account」をクリックします。残高が表示されなくてもチェックマークをつければアカウントの追加ができます。

ビットコインゴールドがアカウントに追加されました

「Add account」をクリックするとポートフォリオにビットコインゴールドが反映されました。 このまま他の仮想通貨も登録する場合は「Add more」を、終了する場合は「Close」をクリックします。 同じように、他に入れている仮想通貨を登録していくと、ポートフォリオですべての残高の日本円の評価額の合計を月次(monthy)、年次(year)で一覧表示ができるようになります。「Close」をクリックしても再度ポートフォリオに仮想通貨を追加したい場合は、左のAdd Account+をクリックして同じように追加します。

Ledger Liveでのビットコインゴールドの入金

Ledger LiveとLedger Nano S/Blueが接続、アカウントがポートフォリオに登録できたら、あとは簡単です。取引所のウォレットアプリでQRコードを読み込むもしくはアドレスのコピーをして送金手続きをすればビットコインをLedgerで受け取ることができます。取引所からの送金はちょっと時間もかかるので、まずは少額を試しで送ってみましょう。

まずはLedger Liveの左メニューのReciveをクリックします。するとReciveのポップアップがでるので、Account とCreditの中からビットコインを選択します。

次は本体でビットコインゴールドを選択してLedger Liveと接続させます。

Ledger Nano Sの場合、ビットコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

ビットコインゴールドをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ビットコインゴールドのアイコンを選択(両ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。Ledger Blueの場合はビットコインゴールドのアイコンをタップして下さい。

Ledger本体にアドレスが表示されますので、本体の状態を確認して、パソコンの画面で表示されるアドレスと本体の流れる英数字で表示されるアドレスが間違えていないか?確認する作業です。「Verify」をクリックします。

Ledger Liveでビットコインゴールドの受け取りアドレスの表示

アドレスが一致して問題がなければ、「COPY ADDRESS」をクリックします。本体の方は右上ボタンを押すとこの画面が閉じます。あとはコピーできたアドレスを取引所の送金先アドレスに貼り付けるだけです。

Ledgerからビットコインゴールドを送金する

Ledger Nano S/Blueにビットコインを送る場合の手順です。まずは取引所などの受取アドレスを用意しましょう。

左サイドメニューのSendをクリックするとこの画面が出てきます。①のところで、コインを選択します。②に取引所などの送り先アドレスを入力。③に送金したい単位を入れます。④は手数料です。Standerdが普通、Highが高い、Lowが低い、他にCustomというのがあります。Customを選ぶとその横の送金手数料を自分で入力できます。入力が終わったら⑤のContinueをクリックしましょう。

次は本体でビットコインゴールドを選択してLedger Liveと接続させます。

Ledger Nano Sの場合、ビットコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

ビットコインゴールドをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ビットコインゴールドのアイコンを選択(両ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。Ledger Blueの場合はビットコインゴールドのアイコンをタップして下さい。接続が終わったらLedger Liveの画面のContinueをクリックしましょう。

次は本体でトランザクションの確認をします。本体に送金先アドレス、送金単位、「Address」「 Confirm out put #1」「Amount」が流れます。

Ledger Nano Sの場合、ビットコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

本体に表示される内容に問題がなければ、右ボタンを押します。これでトランザクションが作成されます。

Ledgerへビットコインゴールドの送受金に失敗?確認方法

"Sending failed: unable to validate transaction"(送信に失敗しました。)と出た場合は送金手数料を追加すると送金できます。

ビットコインの送金にはアドレスの間違い等がないようにくれぐれも注意が必要です。取引所とのやりとりには結構時間がかかることがあるので、気長に待ってみるのが一番なのですが、大金を送受け金する場合はそうもいきませんよね。

送ったビットコインのアドレスが間違っていなければ、送受金は時間の問題です。トランザクションが完了しているか?確認して、受け取りを待ちましょう。

ビットコインゴールドの「G」と「A」アドレスの管理

ビットコインゴールドは2017年10月23日にビットコインからフォークしたコインで、ビットコインゴールドが発生した時にLedger Nano S/Blueにビットコインを保管していた人はビットコインゴールドのアプリをインストールすると同期時に残高が発生します。以前は「Split Tool(スプリットツール)」というボタンをクリックしないとビットコインゴールドの残高を確認することができませんでしたが、Ledger Liveになってからは、アカウントに追加する時に確認ができるようになりました。

ビットコインゴールドはビットコインとのフォーク時に発生したものはGから始まるアドレスになっています。2018年7月3日にハードフォークがあり、Aから始まるアドレスができました。Aから始まるアドレスを取り扱っている取引所にGのアドレスからビットコインゴールドを送る際はコンバートが必要になります。送金先のアドレスは必ず確認しましょう。

ビットコインゴールドの付与された人されていない人

ビットコインゴールドの残高はビットコインゴールドが発生時にビットコインをLedgerで保管していた人のみ表示されます。ビットコインゴールドの発生時に取引所に置いていた人や、Ledgerにビットコインの残高がなかった人は残高はゼロです。なにも反映されません。

ハードフォークはハードフォークが起きる時点で自分の秘密キーと公開キーがあった人に付与されています。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ