Ledger Nano Sに仮想通貨を保管

Ledger Nano Sに仮想通貨を保管

このページでの説明を動画でもご用意しています。Ledger Nano Sのセットアップが完了したらパソコンのLedger Liveから保管したい仮想通貨のアプリをLedger Nano S本体にインストールして、取引所やその他のウォレットから仮想通貨をLedger Nano Sへ送金します。Ledger LiveはWindows 32ビットには対応していません。その場合は旧アプリを使う必要があります。旧アプリ(Ledger Manager)についてはこちらのページをご確認ください

Ledger Nano Sに使うブラウザアプリをインストール

まずはまずはパソコンを立ち上げてChromeを開きます。ブラウザをChrome以外にしている人はChromeのインストールをしましょう。ChromeにてLedger Nano Sのアプリ Ledger Liveをインストールします。

Ledger Manager

Ledger Live 「Download now」をクリック。

Ledger Manager

アプリケーションファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。Ledger Liveのインストール先を選択してインストールします。Windowsの人はプログラムファイルへ。macの人は必ずApplicationsにインストールして下さい。

ledger-manager-chrome

しばらくすると、Ledger Liveのインストールが完了し、ボタンが「Ledger Liveを実行」にチェックを入れ完了を押します。(Macの場合は、アプリケーションフォルダにアプリをドロップアンドドラッグする作業が必要になります。)

ledger-manager-chrome-app

Ledger Liveを開くとWelcome to Ledger Liveと出てきますので、下のGet startedをクリックします。 インストールが終わったら、本体をパソコンに接続しておきましょう。

To begin,connect yuor Ledger Wallet.

するとこの画面になります。 上から、新規でデバイスのセットアップをする。 リストア(復元)をする 既存のデバイスを接続する 最後はまだLedgerの本体を持っていないという選択肢です。 すでに初期設定が終わっている人、Ledger Nano Sを使ったことがある人は、上から3番目を選択します。

基本的に本体の操作である初期設定やリストアはLedger Liveと関係なく本体単体で行える作業なので、上から3番目の「Use a decvice that's already initialized」(初期設定が終わっているデバイス=本体)を選びますが、上の3つの選択肢は表示される説明と注意事項が違うだけで、操作としてはどれも同じ内容になります。選び間違えたからと言って困るものではありません。

ledger-manager-chrome-app

アプリが起動したら、デバイスの選択画面になります。Ledger Nano Sをクリックして右下のContinueをクリックします。

ledger-manager-chrome-app

次がセキュリティーの確認事項です。 1.自分でPINコードを設定しましたか? 2.リカバリーフレーズ(24単語の秘密キー)は自分でメモしましたか? 3.あなたのLedgerは正規品ですか? という質問です。1.2をYESをクリックして、3で「Check now」をクリックすると、正規品であるか?どうかの確認作業に入ります。

ledger-manager-chrome-app

本体に接続してある状態でもスリープ状態になっていると先に進めないので、スリープ状態になっていたら両ボタンをおして解除、PINコードを入力して下さい。

ledger-manager-chrome-app

本体に「Allow Ledger manager?」がでたら、左の×を押すと拒否、✔マークの右上のボタンを押すと許可となります。右上のボタンを押しましょう。

ledger-manager-chrome-app

しばらくして問題がなければ、3のところに「✓Your device is genuine」あなたのデバイスは正規品(本物)です。と出てきます。 次に右下のContinueをクリックします。

ledger-manager-chrome-app

今度はパスワードロックのプションが出てきます。

これからLedger Liveで表示される残高やトランザクション、アカウント名、公開アドレスなどへの不正アクセスを防ぐための設定です。このパスワードはちゃんと覚えておくこと、誰かに教えないこと、パスワードを忘れた場合Ledger Liveがリセットされます。

Ledger Liveがリセットされても秘密キーがあれば問題ないです。再設定をすればまた使えます。 ということが書かれています。というわけで、パスワードを設定しましょう。 New Pass Wordにパスワードを入力して、Confirm passwordにもう一度、同じパスワードを入力します。入力したら、右下のContinueをクリックします。

ledger-manager-chrome-app

次にバグの報告設定の画面になります。 Ledger Liveや本体のバグを匿名でフィードバックを送るか?バグの分析をLedgerに報告するか? などの設定です。最後のReport bugsだけ最初からチェックされています。 これは自動でLedgerにバグを修正するのに役立つレポートを送ります。という選択肢です。 送りたくない人はオフにしてもいいと思います。設定をしたら、右下のContinueをクリックします。

ledger-manager-chrome-app

そうすると次に、あなたのデバイスの準備ができました。と出てきます。 Open Ledger Liveをクリックします。

ledger-manager-chrome-app

次に注意書きが出てきます。トレードを安全に。 「仮想通貨を送る前に自分で必要な教養を身に着けましょう。すべての決定はあなたの責任です。 仮想通貨は上下が激しくためそのリスクを承知の上、自己責任のものとします。 また、Ledgerは仮想通貨の金融、税金、法的なアドバイスはしません。すべてあなた自身で決定するか、専門家のアドバイスを受けてください。」というようなことが書かれています。 わかりました。ということで「Got it」をクリックします。

ledger-manager-chrome-app

次にアカウントをあなたのポートフォリオに登録しましょうと出てきます。Ledger Nano S本体へのアプリのインストール機能はOpen Managerになります。Open Managerをクリックします。

 

Managerから仮想通貨アプリのをインストール

ledger-manager-chrome-app

Ledger Nano Sファームウェアのアップデートで10~18種類まで本体にインストールすることができるようになりました。初期設定が住んだ人はここにファームウェアのアップデートのアラートメッセージが出ていると思います。ファームウェアのアップデートをするにはこちらのページをご確認下さい。すでにアップデートが終わっている場合、ビットコインのアプリから本体にインストールする必要があります。

Managerからビットコインアプリをインストール

ledger-manager-chrome-app

ビットコインのアプリを本体にインストールするには、Managerのページのアプリ一覧にあるビットコインのInstallボタンをクリックします。するとLedger LiveがLedger Nano Sにアクセスします。この画面を開く際に「Allow Ledger manager?」のチェックは済んでいるので、本体の操作は必要ないです。本体がスリープ状態になっている場合はスリープを両ボタン同時押しして解除して、PINコードを入力して下さい。

Ledger Liveで同期できる仮想通貨

Ledger Liveで管理できる暗号通貨

「Ledger Live」では22種類の仮想通貨を管理することができます。ERC20トークン等、MyEtherWallet、ARK、NEO、STELLER他それぞれのウォレットアプリで連携するものはそれぞれのマニュアルを確認して操作してください。

アプリをインストールした後、USBに接続したLedger Nano Sで管理したい仮想通貨のアイコンを選択して、アプリとLedger Liveの同期を待ちます。

ウォレットアプリは同時に開いておくことはできません。MyEtherWalletやその他のウォレットアプリが起動していない状態で、使用したいアプリを起動してください。アプリを複数開いていると、エラーが表示されるようになりましたが、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)などの操作をした後はページを閉じてからLedger Liveを立ち上げてください。

Ledger Liveが立ち上がらない、開かない場合

Ledger Liveを管理者として実行

他のウォレットアプリが開いていないか?パソコンの再起動を試してみて下さい。ウイルスソフトのアップデートやOSのアップデートが妨げになることがあります。またUSBドライブのエラー、USB接続口の故障がないか?トラブルシューティングを確認して下さい。 ウイルスソフトがLedger Liveの動きをブロックしていることもありますので、一時的にウイルスソフトの動きを止めてみてください。 それでもうまくいかない場合、一度Ledger Liveを閉じてから、Ledger Liveのショートカットを右クリックして管理者として実行をしてみてください。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ