Ledger Nano Sのトロンの送受金

Ledger Nano Sのトロンの送受金

TRON(TRX/トロン)はトロン・スキャンというウォレットアプリが無料のデスクトップウォレットとしてありますが、Ledgerがトロンに対応しているため、コールドウォレットで保管するほうがより安全です。既存のトロン・スキャンとの同期はできませんが、Ledgerと連携したTron ScanのTRXアドレスに送金してLedgerの秘密キーで管理することができます。Ledger Nano Sのトロンの送受金はまず本体へのアプリのダウンロードが必要となります。Nano Sでも同じ操作が必要となります。Ledger Nano Sに本体だけでは機能しません。 TRONはLedger Blueはまだ非対応です。

本体のPINコードロックを解除し、本体にインストールしたアプリとパソコンのTron Scanを使用することで初めて送受金が可能となります。 またTRONはメインネットしており、マイイーサウォレットで保管していたトークンのTRXはそのままLedgerでは保管できません。TRXをトークンからメインネット後の仕様にするにはBinanceに送金する必要があります

トロンのアプリを本体にインストール

まずはLedger Liveを開き、Ledger Nano Sと接続します。 まずはManagerから本体にトロンのアプリをインストールします。

Ledger Liveのmanager

Ledger LiveのサイドメニューからManagerをクリックします。クリックすると本体との接続が始まります。

Ledger Nano S本体の操作について

Ledger Liveと本体との接続

PINコードを入力した状態でしばらくすると「Allow Ledger manager?」と出てきます。

Ledger Nano Sの「Allow Ledger manager?」

Ledger Nano Sの場合、「Allow Ledger manager?」の横にチェックマークがあるので、その上の右ボタンを押します。Ledger Blueは「Allow」をタップします。するとManagerのページが開きます。

Ledger Nano S本体の表示の変更

ファームウェア1.5.5までの操作と1.6.0以降のLedger Nano Sの操作の違い

ファームウェアを1.6.0にアップデートするとLedger Nano S本体の操作が変わります。1.6.0以降は「Allow Ledger Manager?」画面で両ボタン同時押しでLedger Liveのマネージャーページ、アプリのインストール、アンインストールの画面に進めます。右ボタンを押すと「Deny Ledger Manager」という画面に変わり、ここで両ボタン同時押しをするとキャンセル(拒否)となります。戻りたい場合は左ボタンを押します。ファームウェア2.0.0アップデートのやり方

Ledger Liveのmanagar

ファームウェアのアップデート後で本体にSettingsしかない状態の人は必ずビットコインのアプリからインストールする必要があります。ビットコインのアプリは本体のベースとなるアプリとなるので、最初にインストールする必要があります。

トロンのアプリをLedger Liveからインストール

Managerページからトロンの「Install」ボタンを押しましょう。インストールがうまくいかない場合は、他のアプリをアンインストールして容量を開ける必要があります。アプリが削除されても資産は消えませんので安心してください。

Ledger Liveのmanagarからトロンアプリをインストールに成功

この画面が表示されて本体にトロンのアプリが表示されたら、インストール成功です。

Ledger Nano SとTron Scanでの送金と使い方

インストールが終わったら、今度はTron Scanをパソコンにインストールします。次にTRONSCANのページを開きます。

Tron Scanページ

以前はパソコンにインストールするタイプのアプリケーションがありましたが、Windowsでのマルウェアの脆弱性が報告されたため、現在はWEBページからの接続が推奨されています。

ウォレットを開くをクリックしてLedgerを選択します。

TRON SCANのページ右上にあるメニューからウォレットを開くをクリックしてLedgerを選択します。この時Ledgerの場所に元帳と表示されていたら、ブラウザが自動的に翻訳してしまっているので、原文に戻してください。

TRON SCANが開いたら、右上のOPEN WALLETをクリック

ウォレットを開くをクリックするとこのような画面になります。ブラウザから本体のアプリへの接続がはじまりますので、本体でもTRONのアプリを選択します。

Ledger本体のアプリ選択液晶画面

TRON SCANとLedger Nano Sの連携は、他の外部ウォレットと同じく、TRON SCANを開く時にLedger Nano S本体もTRONのアプリを選択して開いている状態にする必要があります。。

TRON SCANが開いたら、右上のOPEN WALLETをクリック

Ledger Nano S本体でTRONを選択して、同期するとこのような画面になります。ブラウザとアプリが接続されアドレスが生成されています。ウォレットを開けるをクリックしましょう。

Ledger Nano Sと同期後のトロンスキャンの画面

TRXの送受があるとこのページに残高や取引履歴(トランザクション)が表示されます。

トロンスキャンのメニューを表示

送受は左上のウォレットというところをクリックすると出てきます。 受取用アドレスの表示の際に、Ledger Nano Sでの本体での確認作業はありませんが、送金時はLedger Nano S本体での操作、トランザクションの署名作業(Confirm)が必要となります。TRON SCANに関してのLedger Nano Sでの操作について詳細およびトラブルシューティングについては、TRONのコミュニティを参照してください。https://tron.network/

トロンの送金時間はどのくらい?

トロンの送金時間はあまりかかりません。ウォレット間移動であれば数分で届きます。しかし取引所の場合、自分の口座に反映されるのに時間がかかることがあります。取引所のセキュリティや確認作業があるためです。その時の取引所や送る通貨の状況に大きく左右されます。

トロンの送金先アドレスが間違っていなければ、着金は時間の問題です。トランザクションを確認して慌てずに待ちましょう。

TRONはメインネットしており、マイイーサウォレットで保管していたトークンのTRXはそのままLedgerでは保管できません。TRXをトークンからメインネット後の仕様にするにはBinanceに送金する必要があります

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ