Ledger Liveの使い方と各種設定

Ledger Liveの使い方と各種設定

LedgerのグーグルクロームアプリであったLedger Managerやビットコイン、イーサリアムウォレットはLedger Liveで管理できるようになりました。パソコンにインストールして使うリップルウォレットもLedger Liveがあれば必要がなくなりました。ファームウェアのアップデートやアプリのインストール、アンインストール、残高の確認、送受信はLedger Live一つでできるようになります。

Ledger Liveをまだお持ちでない方は、Ledgerのサイトからインストールして下さい。

Ledger Liveの管理画面と使い方

① Managerは本体へのアプリの操作、Firmwareのアップデート操作をする画面です。
② Sendは通貨の「送金」 
③ Receiveは通貨の「受取」
④ +マークをクリックしてアカウントを追加すると、ポートフォリオに残高と履歴を追加できます。
⑤ ポートフォリオでは「送受の履歴」と「トランザクションの確認」ができます。
⑥ FirmwareをLedger Nano S本体にインストールすると、ファームウェアのバージョンの確認ができます。
⑦ Synchronizedは「本体との同期のステータス」です。
⑧ Ledger Liveの画面のロックができます。パソコンの前を離れる時にはロックしましょう。
⑨ 表示される「法定通貨」や反映させる「取引所のデータを選択」などの設定管理画面です。
⑩ 本体のアプリの「インストール」 
⑪ 本体のアプリの「アンインストール」
⑫ エクスチェンジサイトへのリンクページ

画面は選ぶメニューによって表示が変わります。こちらはManagerページです。ひとつずつLedger Liveの詳細を説明していきます。

①Manager

Ledger LiveのManagerページ

Ledger LiveのManagerページは、以前ご使用になっていた方にはわかると思いますが、Ledger Managerの機能です。

Managerでは仮想通貨アプリのインストール、アンインストールの他、ファームウェアのバージョンの確認、ファームウェアのアップデートができます。Managerページは左サイドメニューのManagerをクリックすると表示されます。

②Send(仮想通貨の送金操作)

Sendを押すと仮想通貨の送金操作ができます。このSendのところでは、各仮想通貨が表示されますが、ここに表示させるには、④のAdd Accountというところで各仮想通貨を追加する必要があります。また、本体との同期も必要なので、Managerページから送金したい仮想通貨のアプリは本体にインストールする必要があります。

各仮想通貨の送金手順は各ページをご確認下さい。仮想通貨によってタグの有無や手数料の変更、アドレスの選択といった必要事項がありますので送金前に必ずご確認下さい。

③Receive(仮想通貨の受金操作)

仮想通貨の受取はReceiveのページを開いて操作します。この時も、Sendと同様に各仮想通貨が表示されますが、ここに表示させるには、④のAdd Accountというところで各仮想通貨を追加する必要があります。また、本体との同期も必要なので、Managerページから送金したい仮想通貨のアプリは本体にインストールする必要があります。

受取アドレスも本体に表示されるアドレスとLedger Liveに表示されるアドレスが一致しているか?目視で確認する必要があります。

④Account(アカウントの追加)

Ledger LiveのAccount(アカウントの追加)

ポートフォリオや送受ができるようにLedger Liveに仮想通貨のアカウントを追加します。+ボタンをクリックすると、どの仮想通貨を追加するか?の選択肢が出てきます。ここでアカウントを追加するには本体にその仮想通貨のアプリがインストールされている必要があります。

⑤Portforio(ポートフォリオ)

Ledger Liveのポートフォリオページ

ポートフォリオでは④のAdd Accountで追加した仮想通貨が一覧で表示されます。グラフでの価格推移や取引履歴、アカウントとして追加されているすべての仮想通貨の総額が表示されます。Week(週)Monthly(月次)Year(年次)の価格推移レポートが表示できます。ここの総額の元データは日本の取引所のZaifとビットフライヤーが選択できます。

⑥Firemeware(ファームウェアのバージョン)

Ledger Liveのファームウェアのアップデート

本体にインストールされているファームウェアのバージョンが確認できます。最新のバージョンがインストールされていない場合、右にUpdateの青いボタンが表示されます。ファームウェアのアップデートは重要なセキュリティの更新等が含まれていますので、その都度ご対応下さい。

⑦Synchronized(同期のステータス)

Ledger Liveのシンクロナイズド(同期している状態)

Synchronized=シンクロナイズドとは、本体とLedger Liveの同期のステータスです。インターネットの通信環境や、パソコンの環境によってこのステータスにエラーが出ていると、Ledger Nano S/Blueの本体とLedger Liveの同期がうまくできていないことになります。緑のチェックマークはステータスに問題がない状態です。

Ledger Liveのシンクロナイズ中(同期中)

synchronizing...とくるくるアイコンが回っているときは同期するために本体にアクセスしている状態です。くるくる回っている状態から何も進まない場合は本体がスリープ状態になっていたり本体で特定のアプリを開いている状態ではないか?確認して下さい。

⑨設定

設定 Ledger Live

この歯車マークをクリックするとLedger Liveの詳細設定ページが開きます。

Ledger Liveの設定ページの項目

設定ページでは①のGeneralのタブとCurrency、AboutとHelpがあります。まずはGeneralのページで変更できる設定をお伝えします。

②法定通貨の選択(米ドル、ユーロ、日本円)などを設定することでポートフォリオのページや送受金の際の評価額が変わります。表示される通貨を選んでおきましょう。③取引所の選択では、仮想通貨の価格データ元を選択可能です。日本の取引所はザイフとビットフライヤーが選択可能です。その下にディスプレイラングエッジがあります。まだ現在は英語のみとなっています。④はパスワードの変更とパスワードでのロックの設定を解除できます。オフにするときパスワードをいれてロックを解除すると、次回Ledger Liveを開く際はパソコンでのパスワードは求められません。

⑤はバグのレポートの送信をするか?という設定です。⑥も同じように使用感の向上の為にレポートを提出するか?という設定です。⑦はデベロッパーモードです。何らかのエラーや高度な設定をする際に使用します。

Ledger Liveの設定ページの項目

Currenciesでは各仮想通貨のコンフォーメンション数の変更ができます。特に必要がない限りここの設定は変更しなくても問題ありません。取引所の受取にコンフォーメーション数が記載されていることがありますが、この数が多ければ取引に対しての承認回数が増えるため、取引のセキュリティが高くなります。

Ledger Liveの設定ページの項目

Aboutタブをクリックすると出てくるページです。①はLedgerのバージョン。Detailsをクリックすると更新された内容が確認できます。②はLedgerの商品とLedger Liveの利用規約です。③はLedgerのプライバシーポリシーです。

Ledger Liveの設定ページの項目

Helpタブをクリックすると出てくるページです。上からLedgerのサポートへのリンク、②はキャッシュの削除(ブロックチェーンのデータを上手く読み込めない時、残高が正しく表示されないときに使います。)③はログの抽出です。トラブルが起きた時にサポートにログの提出を求められたりしたときに使うことがあるかもしれません。④はアカウントと設定は保持したまま、Ledger Liveで使用する本体を安全に初期化または復元させるときに使います。⑤ はLedger Liveに保管されているデータファイルを開き、確認できます。⑥はその名の通りリセットです。履歴や設定などすべてクリアにしたいときに使います。

⑩Install(インストール)

Ledger Liveでのアプリのインストール

Ledger Nano S/Blueの本体への仮想通貨アプリのインストールボタンです。本体には必ずビットコインが最初にインストールされている必要があります。インストールがうまくいかない時はビットコイン以外の全てのアプリをアンインストールしてから、最後にビットコインアプリをアンインストールします。

⑪ゴミ箱マーク(アンインストール)

Ledger Liveでのアプリのアンインストール

Ledger Nano S/Blueの本体への仮想通貨アプリのアンインストールボタンです。容量がいっぱいになると、本体の空き容量を作るために時折アンインストールが必要となります。インストールがうまくいかない時はビットコイン以外の全てのアプリをアンインストールしてから、最後にビットコインアプリをアンインストールします。

⑫Trade(仮想通貨の交換)

Ledger Liveのトレードページ

海外の仮想通貨同士の交換ができるチェンジリー、クレジットカードでのビットコインの購入ができるサイトへのリンクページです。こちらのページのサイトのご利用はご自身の責任でお願い致します。

Ledger Liveのトラブルシューティング

Ledger Liveが上手く使えない、動作しないという場合、まずはUSBドライブにエラーが出ていないか?確認しましょう。

また、各仮想通貨のステータスはこちらで確認ができます。ステラ、トロン、アーク、ネオ他の外部ウォレットとの連携がうまくいかない場合は各仮想通貨のredditもしくはgithubにて現状をご確認下さい。

弊社でご購入のお客様でエラー等でお困りの際はLINE@にてお問い合わせ下さい。

Ledger Liveのパスワードの設定について

Ledger Liveはインストールしてから本体を接続する際に、Ledger Liveのパスワードを設定します。Ledger Liveは本体の仮想通貨アプリでアカウントの追加をすると各仮想通貨のブロックチェーンにアクセスし、Ledger Nano S/Blueの本体の秘密キーに紐付いた公開キー(アドレス)からデータを抽出して、パソコンのLedger Liveにそのデータをキャッシュ(保管)することができます。

そのため、送金にはもちろん、Ledger Nano Sでの承認作業が必要ですが、パソコンのLedger Liveの画面には残高がPINコードを入力すれば一覧で見ることができる状態になっています。

Ledger Liveのロック

パソコンの前を離れる時は、Ledger Liveの画面をロックすることができますので、画面右上の鍵マークをクリックして、ロックをしましょう。

その後、再度Ledger Liveを表示させるにはパスワードの入力が必要となります。もしパスワードを忘れてしまったら、パスワード入力画面からパスワードのリセットをします。リセットは簡単にできますが、リセットすると、Ledger Liveに入っているすべてのデータが消去されますので、再度、Accountのメニューから保管している仮想通貨のアプリを登録する必要があります。目のマークは入力したパスワードを・ではなく表示させることができます。

Ledger Liveのパスワードをなくしたり、データを消去しても仮想通貨資産がなくなることはありません。大事なのは秘密キーです。それさえあればなにも心配はありません。秘密キーについてはこちらのページをご一読下さい。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ