Ledger Nano S/Blueのライトコインの送受金

Ledger Nano S/Blueのライトコインの送受金

Ledger Nano S/Blueのライトコインの送受金はまず本体へのライトコインアプリのダウンロードが必要となります。Nano S/Blueでも同じ操作が必要となります。Ledger Nano S/Blue共に本体だけでは機能しません。ブラウザアプリを使用して本体のロックの解除、アプリと本体の同期をすることで送受金が可能となります。

Ledger Liveからライトコインのアプリをインストール

まずはLedger Liveを開き、Ledger Nano S/Blueと接続します。 まずはManagerから本体にアプリをインストールします。

Ledger Liveのmanager

Ledger LiveのサイドメニューからManagerをクリックします。クリックすると本体との接続が始まります。

Ledger Liveと本体との接続

PINコードを入力した状態でしばらくすると「Allow Ledger manager?」と出てきます。

Ledger Nano Sの「Allow Ledger manager?」

Ledger Nano Sの場合、「Allow Ledger manager?」の横にチェックマークがあるので、その上の右ボタンを押します。Ledger Blueは「Allow」をタップします。するとManagerのページが開きます。

Ledger Liveのmanagar

ファームウェアのアップデート後で本体にSettingsしかない状態の人は必ずビットコインのアプリからインストールする必要があります。ビットコインのアプリは本体のベースとなるアプリとなるので、最初にインストールする必要があります。

ライトコインのアプリをLedger Liveからインストール

Managerページからライトコインの「Install」ボタンを押しましょう。

Ledger Liveのmanagarからビットコインアプリをインストールに成功

この画面が表示されて本体にビットコインのアプリが表示されたら、インストール成功です。

Ledger ライトコインの送金と使い方

インストールが終わったら、今度はLedger LiveのAccountにライトコインを追加をします。アカウントのプラスボタン「Add account」を押しましょう。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

左メニューにあるACCOUNTS「Add account」を開くと、どの仮想通貨を追加するか?プルダウンで選べるようになっていますのでライトコインを選択します。

ビットコインウォレットを接続するためにロックを解除する

Bitcoin Cashを選択します。すると「Continue」のボタンが出てきますのでクリックします。

ライトコインをLedger Liveのアカウントに追加

ContinueをクリックするとLedger Liveから本体への接続、同期が開始されます。本体がスリープ状態になっていたり、PINコードの入力が求められたら入力して下さい。本体はビットコインのアプリを開いている状態にします。

Ledger Nano Sの場合、ライトコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

ビットコインをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ビットコインのアイコンを選択(両ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。Ledger Blueの場合はビットコインのアイコンをタップして下さい。

Ledger Liveと本体のライトコインアプリの同期

本体とLedger Liveが接続するとくるくるが止まります。チェックマークになったら、Continueをクリックします。

Ledger Liveと本体のライトコインアプリの「Synchronaizing(シンクロナイジング)」

「Synchronaizing(シンクロナイジング)」同期しています。と出ます。「Synchronaizing(シンクロナイジング)」という単語は度々でてきますので覚えておきましょう。同期が完了しました。

Ledger Liveへライトコインのアカウントの追加

このライトコインのアカウント名は自分でわかりやすいものに変更できます。アカウントは複数作成することができ、入金や出金をアカウントごとに分けることができます。例えば、取引所から送ったものなら取引所の名前などつけて管理するとわかりやすくなります。アカウント名を決めたら、チェックマークをつけて「Add account」をクリックします。残高が表示されなくてもチェックマークをつければアカウントの追加ができます。

Ledger Liveのアカウントにライトコインが追加されました

「Add account」をクリックするとポートフォリオにライトコインが反映されました。 このまま他の仮想通貨も登録する場合は「Add more」を、終了する場合は「Close」をクリックします。 同じように、他に入れている仮想通貨を登録していくと、ポートフォリオですべての残高の日本円の評価額の合計を月次(monthy)、年次(year)で一覧表示ができるようになります。「Close」をクリックしても再度ポートフォリオに仮想通貨を追加したい場合は、左のAdd Account+をクリックして同じように追加します。

Ledger Liveでのライトコインの入金

Ledger LiveとLedger Nano S/Blueが接続、アカウントがポートフォリオに登録できたら、あとは簡単です。取引所のウォレットアプリでQRコードを読み込むもしくはアドレスのコピーをして送金手続きをすればライトコインをLedgerで受け取ることができます。取引所からの送金はちょっと時間もかかるので、まずは少額を試しで送ってみましょう。

ライトコインをLedger Liveのアカウントに追加

まずはLedger Liveの左メニューのReciveをクリックします。するとReciveのポップアップがでるので、Account とCreditの中からライトコインを選択します。

Ledger Liveと本体のライトコインアプリの同期

次は本体でライトコインを選択してLedger Liveと接続させます。

Ledger Nano Sの場合、ライトコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

ライトコインをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ライトコインのアイコンを選択(両ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。Ledger Blueの場合はライトコインのアイコンをタップして下さい。

Ledger本体にアドレスが表示されますので、本体の状態を確認して、パソコンの画面で表示されるアドレスと本体の流れる英数字で表示されるアドレスが間違えていないか?確認する作業です。「Verify」をクリックします。

アドレスが一致して問題がなければ、「COPY ADDRESS」をクリックします。本体の右上ボタンを押すとこの画面が閉じます。あとはコピーできたアドレスを取引所の送金先アドレスに貼り付けるだけです。

Ledgerからライトコインを送金する

Ledger Nano S/Blueにライトコインを送る場合の手順です。まずは取引所などの受取アドレスを用意しましょう。ライトコインはQから始まるアドレスでの受け取りの場合アドレスのコンバートが必要となります。

左サイドメニューのSendをクリックするとこの画面が出てきます。①のところで、コインを選択します。②に取引所などの送り先アドレスを入力。③に送金したい単位を入れます。④は手数料です。Standerdが普通、Highが高い、Lowが低い、他にCustomというのがあります。Customを選ぶとその横の送金手数料を自分で入力できます。入力が終わったら⑤のContinueをクリックしましょう。

次は本体でライトコインを選択してLedger Liveと接続させます。

Ledger Nano Sの場合、ライトコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

ライトコインをLedger Nano S/Blueの本体でも選択しておきましょう。Ledger Nano Sの場合、ライトコインのアイコンを選択(両ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。しばらくすると、アプリがLedger Nano S/Blueの本体とつながり、アプリの画面が切り替わります。Ledger Blueの場合はライトコインのアイコンをタップして下さい。接続が終わったらLedger Liveの画面のContinueをクリックしましょう。

次は本体でトランザクションの確認をします。本体に送金先アドレス、送金単位、「Address」「 Confirm out put #1」「Amount」が流れます。

Ledger Nano Sの場合、ライトコインのアイコンを選択(左右ボタン同時押し)、2の画面に切り替わります。

本体に送金先アドレス、送金額、「Address」「 Confirm out put #1」「Amount」が流れます。 本体に表示される内容に問題がなければ、右ボタンを押します。その後「Fees」送金手数料が表示されるのでもう一度右ボタンを押します。

送金されました

するとトランザクションが確認されて送金完了しました。という画面になります。 「View operation details」をクリックするとトランザクションの状況を確認できます。

本体に表示される内容に問題がなければ、右ボタンを押します。これでトランザクションが作成されます。 ライトコインは3から始まるアドレスとL、Mから始まるアドレスがあります。取引所によってはLからのアドレスのみの対応になっていることがあります。送金時は受取先のアドレスの確認をして下さい。

日本の取引所のライトコインの対応

ライトコインのアドレスはMとLと3から始まるアドレスがある

ライトコインは今まではLEGACY(レガシー)というもので、アドレスは「L」から始まるアドレスでした。SEGWIT(セグウィット)はビットコインがハードフォークしたのと同様に、処理速度が速く、手数料が安いトランザクションでブロックチェーンにアクセスできます。ライトコインはセグウィット対応となり、Segwit対応前のLから始まるアドレスはLedgerではレガシーに入っています。

セグウィットのアドレスは「M」から始まるアドレスです。しかし、ビットコインとのセグウィットとは違い、LEGACYの「L」から始まるアドレスのライトコインをセグウィット(「M」から始まるアドレス)に入れると取り出せなくなります。ここがややこしいところです。ビットコインの場合はSEGWITでも数字の1から始まるLEGACYのアドレスのビットコインも送受金が可能です。なので現在はSEGWITを使うようになっていますが、ライトコインの場合はそうはいかないということです。

Ledger Liveでのライトコインの「L」と「M」アドレスの管理

ライトコインのアドレスはMとLと3から始まるアドレスがある

Ledgerで使えるライトコインのアドレスは「L(legacy)」と「M(Segwit)」です。Lのアドレスでフォーク前にライトコインを受け取っている人はアカウントに(legacy)とついています。「M(Segwit)」でのライトコインの受け取りをしたい場合は、Accountで新たにライトコインのアドレスを追加します。(legacy)とついていないアカウントが作成できるはずです。Mで始まるアドレスは(legacy)と書いていないアドレスで送受しましょう。

ライトコインは3種類のアドレスがあります。数字の3から始まるアドレスはコンバートが必要となります。

取引所 ライトコインの対応アドレス

Lから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

Mから始まるアドレス

Mから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

Lから始まるアドレス

binance ロゴ

Lから始まるアドレス

ビットポイントとビットバンクはMから始まるアドレスなので、Ledgerへ送る際はLegacyへ。Mから始まるはSegwitで送受金します。取引所のアドレスも今後も変更になる可能性はあります。

アルトコインもビットコイン同様、進化していて、仕様も変わっていきます。そのため、送受金の時は必ず、なにかアップデートされている情報がないか?調べる必要があります。

Ledgerのサポートサイトを確認するのはもちろんのこと、いままでと違う警告文や選択肢がでてきたら、よくわからないままにせずに、きちんと調べてから資金を移動してください。

これに関しては、仮想通貨がまだ成熟していなため、どうしても自己責任で対応していかなくてはいけないことです。

なんとなく、分かったつもりで使わずに、きちんと確認をして送受金を行ってください。

すべての判断は自己責任です。ハードフォーク等のリアルタイムの情報はLedgerのツイッターが一番早いので、弊社でも日本語でツイート、リツイートはしております。よろしければツイッターの方もフォローしてください。(@hardwarewalletj

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ