TREZORの対応通貨

TREZORの対応通貨

TREZORで使用可能な仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ジーキャッシュ、ダッシュです。Myetherwalletと接続すると、イーサリアム、イーサリアムクラシックだけでなくERC20のイーサリアムトークンも保管が可能です。NEMもサポートとなり、NEMはNEMのナノウォレットと連携することで使えます。

TREZORのウォレットの対応通貨のプラットフォーム

TREZORのウォレットのプラットフォームはビットコインクローンと呼ばれるビットコインをベースとした仮想通貨がそのまま利用可能です。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ライトコイン、ジーキャッシュはTREZORの管理画面で操作が可能です。2018年6月26日にリリースされたTREZORのファームウェアのアップデートをすると、ドージコイン、ヴァートコインも表示されるようになります。

イーサリアム、イーサリアムクラシックやトークンはMyetherwalletとの接続で利用可能となります。MyetherwalletとTREZORを接続するとTREZORの中に入った秘密キー(リカバリーフレーズ)を利用して仮想通貨が保管できるため、Myetherwallet単体で使うよりも安全で設定もとっても簡単です。

NEMも同じくナノウォレット単体で使うよりもTREZORを使ったほうがより安全で使い勝手も簡単です。オーガー(Auger/REP)はイーサリアムベースの仮想通貨なのでMyetherwalletとTREZORを使った保管できます。イーサリアムトークン、ERC20もMyetherwalletとTREZORを使って保管ができます。

TREZORで保管できるコインとトークン

TREZORで保管できるコインはトークンを含めると680以上となっています。TREZORはERC20トークンと呼ばれるイーサリアムベースのトークンをMyEtherWalletとの連携で保管することが可能です。TREZORの対応コインリストに出てこないトークンでもERC20のトークンであれば保管可能です。ERC20のトークンであるかどうか?はhttps://etherscan.io/tokensで確認できます。

TREZORで保管できる仮想通貨は増える

TREZORで保管できる仮想通貨はこれからも増えていきます。ハードウェアウォレットではLedgerとTREZORが人気ですが、どちらも共通して使える仮想通貨があることや、万が一の不具合時に、どちらかは使えるという保険のようなものにもなります。TREZORもLedgerも同じような機能ですが、ブロックチェーンとプラットフォームのエラーなどがどちらかに起きているときは、不具合が起きている方のハードウェアウォレットを片方に同期させて使えば、送金できないといったエラー時も回避できます。

ハードウェアウォレットはハードフォークへの対応や不具合の発生などの対応でインターフェイスが使えなくなることがあります。そのためLedger Nano Sを持っている人でもハードウェアウォレットのリスクヘッジにTREZORを一つ持っておいて損はありません。

取引所からハードウェアウォレットに入れるのが安全

取引所は取引所で買ってもらった仮想通貨はそのまま置いておいて欲しいので、安全性をアピールしますが、取引所は銀行ではありません!!銀行や証券会社の口座とは全く違う存在です。仮想通貨は実体のない資産です。盗まれた場合もすべて自己責任。セルフゴックスもすべて自己責任です。

ハードウェアウォレットは正規販売代理店で!

ハードウェアウォレットは正規販売代理店のhardwearwallet.jpでご購入ください。

ハードウェアウォレット正規販売代理店

この記事が参考になったらいいね!
シェア、ブックマークをお願いします

▲ページのトップへ